南区版 掲載号:2015年12月3日号 エリアトップへ

硬式野球チーム 南ボーイズから初のプロ 望月投手、阪神入団へ

スポーツ

掲載号:2015年12月3日号

  • LINE
  • hatena
花を持つ望月投手(左)と後藤監督
花を持つ望月投手(左)と後藤監督

 中学生の硬式野球チーム横浜南ボーイズ(大谷剛正会長)出身で金沢区にある横浜創学館高校の望月惇志投手=人物風土記で紹介=が阪神タイガースからドラフト指名を受け、11月16日、同球団と仮契約を結んだ。創立13年の南ボーイズから初のプロ選手が誕生する。

 望月投手は港南区芹が谷に住む。身長188cmの長身から投げ下ろすストレートが持ち味で、10月のドラフト会議で阪神タイガースから4位指名を受けた。憧れる藤川球児投手が活躍した球団でもあり、望月投手は「縁を感じる。直球の質を追い求めたい」とプロの舞台での活躍を誓う。

 望月投手が中学時代に所属した横浜南ボーイズの後藤均監督は、愛弟子のドラフト指名をチームの練習先で聞いた。全国大会ベスト16の実績を誇る同チーム。創立13年で出身選手が初めてプロ入りすることに「本当に嬉しくて選手たちと一緒に喜んだ」と目を細める。

ピンチでも笑顔

 後藤監督によると、南ボーイズ入団当初は線が細く、目立つ選手ではなかったという。それでも、常に全力で練習に取り組む姿勢と楽しそうにプレーする姿が指揮官の目に留まった。

 中学2年の秋にはエースに成長。県大会決勝戦では、湘南クラブボーイズと対戦。後に東海大相模高に進み、今夏の甲子園を制した小笠原慎之介投手に投げ勝った。後藤監督は「特別良い球を持っていたわけではないが、ピンチの時も落ち着いていた。味方がエラーをしても笑顔で声を掛ける。今までそんな選手はいなかった」と振り返る。

 阪神との仮契約翌日、弘明寺駅近くの焼肉店で望月投手と食事をした後藤監督は「見違えるほどたくましくなった。厳しいプロの世界だが一流になってほしい」と縦じまのユニフォームでの活躍に期待した。

南ボーイズ時代の望月投手
南ボーイズ時代の望月投手

横浜市南区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

南区版のトップニュース最新6

市長 必要性を強く訴え

IR説明会

市長 必要性を強く訴え 社会

参加者から反対の声も

1月23日号

寄付で食品ロス防ぐ

寄付で食品ロス防ぐ 社会

別所・ヨーカドーが貢献

1月23日号

宿町・バディー 全国制覇

少年サッカー

宿町・バディー 全国制覇 スポーツ

9年ぶり、全員一丸で快挙

1月16日号

「ルネサンス」出店へ

旧区庁舎跡地

「ルネサンス」出店へ 社会

スポーツクラブ、22年開業

1月16日号

「区民に寄り添う区政を」

松山区長インタビュー

「区民に寄り添う区政を」 社会

就任9カ月、手応え語る

1月9日号

南消防団が長官表彰

南消防団が長官表彰 社会

団員確保で全国の模範

1月9日号

「にぎわいと活力生む年に」

林市長インタビュー

「にぎわいと活力生む年に」 政治

IR誘致へ「理解求める」

1月1日号

あっとほーむデスク

  • 1月23日0:00更新

  • あっとほーむデスク

    1月17日21:45更新

  • 1月9日0:00更新

南区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

五輪スポーツを体験

五輪スポーツを体験

2月11日、大岡でフェスタ

2月11日~2月11日

南区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

南区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年1月23日号

お問い合わせ

外部リンク