南区版 掲載号:2017年3月2日号 エリアトップへ

外国とのつながり体感 南吉田小で料理講座など

教育

掲載号:2017年3月2日号

  • LINE
  • hatena
おかずを弁当箱に詰める保護者ら
おかずを弁当箱に詰める保護者ら

 外国籍の子どもが多く在籍する市立南吉田小学校(藤本哲夫校長)と周辺で外国につながる子どもについて考える企画が相次いで行われた。

 同校では2月24日に「国際料理講座」が開かれた。保護者が弁当に入れる手作りのおかずを持ち寄り、弁当箱に詰めていくもの。保護者ら約40人が集まり、から揚げやポテトサラダなどを提供。ブラジル出身の母親は、じゃがいもと鶏肉を揚げたコロッケのような「コシーニャ」と呼ばれる揚げ物を持参したほか、中国の水餃子もあり、バラエティに富んだ20品が並んだ。参加者は彩りや栄養バランスを考えながら、おかずを詰め、親子で食べる姿も見られた。ある母親は「いろいろな国の料理が味わえて楽しい」と話した。

「子どもを見て」

 23日には、浦舟町のみなみ市民活動・多文化共生ラウンジで講座「地域の子どもたちに目を向けてみませんか」が行われ、約40人が集まった。

 地域が外国籍の子どもらをどのように支えていくかを考えようと、同ラウンジが企画。南吉田小の藤本校長ら子育てに関わる人がパネリストを務めた。藤本校長は、自身が外国籍か両親のどちらかが外国籍の児童が5年前の約4割から約6割に増えている現状を説明。「日本語の理解が不十分な児童も書道や歌、絵などに真剣に取り組んでいる。ぜひ、学校に来てその様子を見てほしい。国籍関係なく、互いを知り合うことが大切」と訴えた。

パネリストの話を聞く参加者
パネリストの話を聞く参加者

横浜市南区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

南区版のローカルニュース最新6

7校が新校長に

7校が新校長に 教育

市立学校の人事異動

4月2日号

夏の南まつり1日短縮開催

献血協力を呼び掛け

献血協力を呼び掛け 社会

新型ウイルス、影響で減少

3月19日号

6年生球児 思い出の一戦

6年生球児 思い出の一戦 スポーツ

南シニアが大会企画

3月19日号

下町・人情 写真で表現

下町・人情 写真で表現 社会

区がサイトで魅力発信

3月19日号

「お米育った、ありがとう」

石川小5年

「お米育った、ありがとう」 社会

田植え体験 協力者に感謝

3月19日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月3日18:51更新

  • あっとほーむデスク

    4月2日20:51更新

  • 3月31日11:42更新

南区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年4月3日号

お問い合わせ

外部リンク