南区版 掲載号:2017年3月2日号 エリアトップへ

本大岡地区 まちの魅力を再発見 講座で担い手育成

社会

掲載号:2017年3月2日号

  • LINE
  • hatena
今後行いたいことを話し合う参加者
今後行いたいことを話し合う参加者

 本大岡地区の魅力を再発見しながら、まちづくりを進めようという親子向け連続講座「寺子屋みなみ」の最終回が2月26日、大岡地区センターで行われた。

 講座は地元の魅力を探し、顔見知りを増やして、地域の担い手育成やまちづくりにつなげる目的で南区役所と本大岡連合町内会(根本守会長)が主催。小学生と保護者が10組以上参加したほか、横浜総合高校の生徒も加わった。

 連続講座を昨年12月に始め、初回は紙飛行機やけん玉などの昔の遊びで子どもと大人が交流。今年1月の2回目は、参加者を5グループに分け、弘明寺商店街の店主らにまちの魅力を聞き取り、手作り新聞にまとめた。

 最終回は店主らから得た情報や自身が感じる地域の魅力を出し合った。その上で、子どもから大人までが参加できる企画を考えた。あるグループは弘明寺商店街内で夏場に開かれる縁日に子どもの姿が少ないことから、子どもが店主を務める縁日を行うことを提案。ほかにも、マラソン大会やキャンプなどのアイデアが出された。

 同連合町内会の根本会長は「出された案は町内会の中で議論したい」とした。さらに、子どもが多く参加したことから「本大岡に住んで良かったと思えるようにしたい」と話した。

 南区地域振興課は「子どもが数十年後に地域の担い手になってくれれば」と期待した。2014年度から「寺子屋」で人材育成を進めており、今年度は別所地区でも講座を開いている。

横浜市南区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

南区版のローカルニュース最新6

桜並木散策のガイド

桜並木散策のガイド 社会

区が改定

4月9日号

市電の思い出紹介

市電の思い出紹介 社会

市季刊誌で特集

4月9日号

7校が新校長に

7校が新校長に 教育

市立学校の人事異動

4月2日号

夏の南まつり1日短縮開催

下町・人情 写真で表現

下町・人情 写真で表現 社会

区がサイトで魅力発信

3月19日号

「お米育った、ありがとう」

石川小5年

「お米育った、ありがとう」 社会

田植え体験 協力者に感謝

3月19日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • あっとほーむデスク

    4月9日19:39更新

  • あっとほーむデスク

    4月7日19:48更新

  • 4月7日19:09更新

南区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

南区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年4月9日号

お問い合わせ

外部リンク