南区版 掲載号:2017年5月4日号 エリアトップへ

こども食堂 開催定期化、担い手増も 各地で善意広がる

社会

掲載号:2017年5月4日号

  • LINE
  • hatena
「どんとこいみなみ」で行われた食堂
「どんとこいみなみ」で行われた食堂

 子どもに無料か安価で食事を提供する「こども食堂」が南区で広がっている。有志らが各地で開催し、反響の大きさから開催を定期化したり、取り組みを知った運営の担い手となるボランティアが増えるなど、活動が広がりを見せている。

 こども食堂は貧困家庭や孤食に悩む子どもらに安心して過ごせる場所を提供しようと始まった。現在は子どもから高齢者まで、さまざまな人が集う地域コミュニティとしての役割も担い、全国に広がっている。

 南区では昨年6月、市民団体「横浜てらこやネットワーク」が南太田駅そばの常照寺で開催。太田地区の住民らが支援するほか、ボランティアの大学生が参加し、子どもの遊び相手にもなっている。現在は月1回、平日の夜を開催日にしている。同寺の伊東政浩さんは「今後、集まった子どもたちで宿泊合宿をするような企画も考えたい」と話す。

共生・障害者理解も

 1月には、堀ノ内町在住の西村末子さんら主婦が中心の有志団体「わいわい食堂」が企画し、睦地域ケアプラザで開催。4回目の開催時は子ども21人が来場し、7人だった初回から3倍に増えた。当初11人だったボランティアも、西村さんの呼びかけで新たに3人が加わった。こども食堂をやってみたいという次の担い手が運営のノウハウを学ぼうと見学に訪れることもある。西村さんは「市外から見学に来た人もいる。広がりがありがたい」という。

 障害者を支援する中村町の地域活動ホーム「どんとこいみなみ」が3月に行った食堂には、親子や高齢者、障害者など100人以上が訪れ、世代や障害の有無を超えて交流を図った。企画運営の中心に立つ村山耕介さんは、来場者へのアンケートで「『団らんの場が楽しかった』という声が多かった」と満足度が高かったことを明かす。共生社会や障害がある人への理解につなげたいと話し、5月下旬に2回目の開催を計画する。

 南区では大岡や南吉田町などでも定期的に開催される。また、こども食堂という言葉が世間に定着したことで、その他の地区でも実施を計画する動きが見られている。村山さんは「開催後、担い手になりたいという人や食材寄付の問い合わせもあった」と言い、ボランティアの輪が広がったことも成果だとしている。
 

川崎市南区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://ceremonyhouse.jp

<PR>

南区版のトップニュース最新6

道路損傷 LINEで通報

道路損傷 LINEで通報 社会

市、市民投稿システム導入

5月13日号

青信号点灯時間を延長

浦舟町交差点

青信号点灯時間を延長 社会

歩行者事故の防止へ

5月13日号

盲導犬の役割学ぶ

弘明寺商店街

盲導犬の役割学ぶ 社会

当事者団体が初企画

5月7日号

設置8割超も課題

住宅用火災警報器

設置8割超も課題 社会

義務化10年、個数不足も

5月7日号

主婦が企画 初マルシェ

主婦が企画 初マルシェ コミュニティ経済

こどもの日に六ツ川で

4月29日号

端末27万台、運用開始へ

市立学校

端末27万台、運用開始へ 教育

配布完了 ICT化へ一歩

4月29日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月13日0:00更新

  • あっとほーむデスク

    5月12日20:09更新

  • 5月7日0:00更新

南区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

介護予防の支援者募る

介護予防の支援者募る

区が養成講習会

6月28日~7月21日

南区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

南区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年5月13日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter