南区版 掲載号:2017年6月22日号 エリアトップへ

南中 アジサイ見頃の中、70周年 記念行事で地元住民祝福

教育

掲載号:2017年6月22日号

  • LINE
  • hatena
記念行事で力強い演奏を披露する和太鼓部
記念行事で力強い演奏を披露する和太鼓部

 市立南中学校(西嘉之校長・生徒数608人)が今年で創立70周年を迎え、6月17日に式典や祝賀会などの記念行事が行われた。生徒が合唱や和太鼓演奏などで盛り上げ、式典には地元住民ら約200人が出席。同校のシンボルであるアジサイが見頃を迎える中、記念の年をみんなで祝った。

 同校は戦後復興の最中の1947年に開校。当初は横浜商業高校の校舎を間借りして授業を行い、2年後に現在の地に校舎を移転。62年には61クラス、3010人の生徒が在籍した。これまで2万4812人の生徒が同校を巣立っている。

 17日は全校生徒が校庭で「ふるさと」などを合唱。和太鼓部が70周年を記念して作った楽曲「南風」を披露したほか、吹奏楽部の美しい音色が校内を包み込み、節目の年を彩った。

 その後の式典には周辺地区の町内会長をはじめ、地元住民や大木節裕区長など約200人が出席。70周年事業実行委員会の赤見一雄委員長は、通常、秋頃に開催される記念行事を、西校長からの発案で南中のシンボルであるアジサイが見頃を迎える季節にしたエピソードを話した。赤見委員長は「みなさんの支えがあって南中がある。これからも生徒を見守ってほしい」とあいさつした。

花育て地域交流

 同校は校内緑化を進めようと、10年以上前から園芸部の生徒を中心にアジサイを栽培。2010年度には「全日本学校関係緑化コンクール」で第2位の評価にあたる準特選に輝いた。

 その後は部員の減少などもあり、生徒だけでアジサイを育てることが難しい時もあったが、六ツ川の住民有志らが「南中あじさい咲かせ隊」を結成し、活動をサポート。生徒と「咲かせ隊」のメンバーがこども植物園、アジサイを「市の花」にする相模原市などに行き、専門家から正しい栽培方法を学ぶなどしている。

 「咲かせ隊」の山之城金三さんは「活動を通じて生徒と顔見知りになり、普段からあいさつを交わすようになった」と交流を喜ぶ。

 今後、同校は記念事業として、京浜急行のガード下に美術部の生徒が壁画を描くほか、秋には全校でステンドグラスを作り、校舎の窓に飾って点灯するなどの取り組みを計画している。西校長は「どんな思いで南中ができたのか再確認できる年。良いことを継承しながら、次の80年に向けたスタートを切りたい」とした。

園芸部の生徒と「咲かせ隊」のメンバー(昨年)
園芸部の生徒と「咲かせ隊」のメンバー(昨年)

南区版のトップニュース最新6

寺・教会が「希望の鐘」

南太田

寺・教会が「希望の鐘」 社会

連携で医療従事者に感謝

5月28日号

新旧消防団長に栄誉

新旧消防団長に栄誉 社会

春の褒章、同時受章

5月28日号

CFで加盟飲食店支援

市食品衛生協会

CFで加盟飲食店支援 経済

「横浜愛」テーマに寄付募る

5月21日号

29日ごろから申請書発送

特別定額給付金

29日ごろから申請書発送 社会

「マイナンバー」窓口混雑も

5月21日号

CFで支援呼び掛け

弘明寺飲食店

CFで支援呼び掛け 経済

30店舗合同で寄付募る

5月14日号

南消防団に初の外国人

南消防団に初の外国人 社会

中国籍・林さん「架け橋に」

5月14日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • あっとほーむデスク

    5月30日13:57更新

  • あっとほーむデスク

    5月29日14:48更新

  • あっとほーむデスク

    5月29日14:48更新

南区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「早口言葉」の原画展

【Web限定記事】弘明寺の絵本店

「早口言葉」の原画展

30日まで 「魔女の宅急便」挿絵作家

5月21日~5月30日

南区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年5月30日号

お問い合わせ

外部リンク