南区版 掲載号:2017年7月6日号 エリアトップへ

蒔田中 大輪のアジサイ見頃 校内緑化、規模が拡大

教育

掲載号:2017年7月6日号

  • LINE
  • hatena
アナベルを囲む左から佐々木教諭、鶴見さん、高木さん、生徒と活動する蒔田中職員
アナベルを囲む左から佐々木教諭、鶴見さん、高木さん、生徒と活動する蒔田中職員

 市立蒔田中学校(木藤肇校長)の生徒らが育てたアジサイが校内で大きな花を咲かせ、見頃を迎えている。2012年から栽培を始め、徐々に規模が拡大。今年は特に校舎と校庭の間にある花壇の花が大きくなった。全国的なコンクールでも高評価を得たことのある同校のアジサイは地域でも注目されている。

 同校は校内緑化を進める「花いっぱい活動」を13年間続ける。12年から佐々木大輔教諭が中心となり、アジサイの栽培を本格的に始めた。佐々木教諭は前任校の南中学校でも栽培を進め、南中のフェンス沿いにアジサイが咲き並ぶほどにまで成長させた。同様の取り組みを蒔田中でも行おうと、緑化活動に取り組む「グリーンクラブ」を作り、生徒会の美化委員も協力して花を育ててきた。

 1年目、アジサイは80株程度だったが、毎年、増やしていき、今では約100種類、1千株以上になった。校舎を囲む旧区庁舎側の外柵は一面がアジサイの花で並び、周辺住民の目を楽しませている。校内緑化の取り組みが評価され、15年には国土緑化推進機構が主催する学校緑化コンクールで第2位相当の「準特選」に選ばれた。

顔ほどの白い花

 今年度、グリーンクラブは代表の鶴見有紀乃さん(3年)と高木唯凪さん(同)の2人。丁寧に水やりをした結果、今までは花が少なかった花壇に「アナベル」の大きく白い花が咲いた。花は人の顔ほどの大きさがあり、密集して咲く。佐々木教諭は「普通は間隔を開けて植えるが、研究して寄せて植えた」という。

 花の成長に鶴見さんは「続けてきて良かった」と話し、家でもアジサイを栽培する。同校には、アジサイの季節になると、区外からも見物に訪れる人がいる。佐々木教諭は「『(アジサイの名所の)鎌倉に行かなくてもいろんな種類のアジサイが見られる』という人もいる」と話し、「これからも緑を大切にする生徒を増やしたい」と緑化を進める方針だ。

南区版のトップニュース最新6

地区懇 3年ぶり全地区で

地区懇 3年ぶり全地区で 社会

地域活動のヒント共有

5月19日号

中小企業6割が「未着手」

脱炭素

中小企業6割が「未着手」 社会

市、ガイドラインを作成

5月19日号

スマホで地域貢献

井土ケ谷パチンコ店

スマホで地域貢献 経済

飲食店、避難場所など紹介

5月12日号

来春、新たな区民まつり

来春、新たな区民まつり 社会

「桜」と「南」を統合

5月12日号

野菜作りで地域創生

永田台小

野菜作りで地域創生 社会

住民と地産地消促進

5月5日号

太田東部初のこども食堂

太田東部初のこども食堂 コミュニティ社会

主婦立ち上げ、準備進む

5月5日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月19日0:00更新

  • 5月12日0:00更新

  • 4月28日0:00更新

南区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

箏・三味線など響く

南区邦楽協会

箏・三味線など響く

22日、南公会堂で演奏会

5月22日~5月22日

南区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

南区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月19日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook