南区版 掲載号:2017年8月24日号 エリアトップへ

横浜商業高校の教員でインターハイ3位に輝いたボート部の顧問として指導にあたる 會田 尚貴さん 南太田在勤 24歳

掲載号:2017年8月24日号

  • LINE
  • hatena

一生懸命を積み重ねて

 ○…高校生スポーツの祭典で3位に輝いたボート部を指導する。優勝を狙っていたという女子5人乗りの「クォドルプル」。選手は日本一につながる厳しいトレーニングを積んできた。「勝つ気でいたので本人たちが一番悔しいと思う。ここまでやっても3番なんだと思った」と口唇をかみしめる。それでも、出場3種目全てで予選突破を果たすなど、120年の伝統を誇る名門として選手層の厚さを示した。「力を出し切ってくれた」と全国の舞台で必死に漕いだ選手を称える。

 〇…中区出身。ボートはY校入学後に始めた。当時から全国大会上位の常連だった同部で「自分の代だけ入賞できなかった」と言い、指導者になった今は「よく『谷間の世代が教えている』と言われる」と笑う。苦しくも楽しかったという部活動の青春。当時の顧問には、レースへの不安を打ち消す豊富な練習量の大切さを学んだ。「スタート位置についた時『これだけやったから大丈夫』と思えるか」。”一生懸命”の継続で自信を生み出したいという。

 〇…大学1年から部活動コーチとして指導にあたる。当初は「選手にどのように声を掛けたらよいか分からなかった」と迷いもあったが、自分の考えを押し付けるのではなく、選手の考えや感覚について「聞くこと」を意識。2014年にはインターハイ2種目でメダルを獲得する選手を生み出した。「自分の中で少しだけ自信になった」と振り返る。

 〇…中区で両親と妹、弟と暮らす。鉄道が好きで「遠征先で電車に乗るのが面白くなっている」と優しい表情。練習拠点の大岡川では地元住民から声を掛けられることも多く「南区の方の温かさを感じる」と感謝の言葉を口にする。市の教員になり2年目。専門は商業で「指導はまだまだ手探り」というが、部活動と同様、生徒の自発性を生み出すような授業を心掛ける。「自分で考え、自分でできる生徒を育てたい」。一生懸命な心を伝えていく。

横浜市南区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

南区版の人物風土記最新6

松島 孝義さん

食品ロスを防ぐ活動を行ったイトーヨーカドー横浜別所店の店長を務める

松島 孝義さん

別所在勤 39歳

1月23日号

大澤 和彦さん

横浜英和学院の事務長で県私立学校教育功労者表彰を受賞した

大澤 和彦さん

蒔田町在勤 62歳

1月9日号

下平 隆宏さん

13年ぶりにJ1に昇格したサッカー・横浜FCの監督を務める

下平 隆宏さん

南区在住 48歳

1月1日号

園部 正信さん

美容室を経営し、県の「環境衛生関係功労者」に選ばれた

園部 正信さん

高根町在勤 60歳

12月19日号

山田 ベンツさん

経営するカフェにボッチャコートを設置するなど、障害がある子どもの支援に努める

山田 ベンツさん

六ツ川在勤 51歳

12月12日号

岩田 充治さん

11月から南区選挙管理委員会の委員長に就任した

岩田 充治さん

永田南在住 75歳

12月5日号

武藤 博之さん

六ツ川四丁目町内会の会長で、大災害を想定した子ども向けの訓練を企画した

武藤 博之さん

六ツ川在住 59歳

11月28日号

あっとほーむデスク

  • 1月23日0:00更新

  • あっとほーむデスク

    1月17日21:45更新

  • 1月9日0:00更新

南区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

五輪スポーツを体験

五輪スポーツを体験

2月11日、大岡でフェスタ

2月11日~2月11日

南区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

南区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年1月23日号

お問い合わせ

外部リンク