南区版 掲載号:2017年8月31日号 エリアトップへ

消防・防災 少年クラブが活動中 リスクウォッチ 全国大会出場も

社会

掲載号:2017年8月31日号

  • LINE
  • hatena
リスクウォッチのメンバー
リスクウォッチのメンバー

 南区の小学生が参加し、消防・防災活動を行う「リスクウォッチヨコハマファイヤーチーム」(以下、リスクウォッチ)が今春に結成され、8月には全国の少年消防クラブが集まる大会に参加した。

子どもにも危機管理

 リスクウォッチは、横須賀の米海軍消防隊で予防課長を務めた長谷川祐子さんが活動を監修する。長谷川さんによると、米国では、「もし衣服に火がついたらどうする」など、防災や危機管理に関する知識を教育の中で子どもに教えているという。こうした活動を日本でも広めようと、娘の奥田悦子さんとともに講演などを行ってきた。

 4月に奥田さんの2人の息子と所属する少年野球チームの仲間など、六つ川小学校に通う2年生から6年生の12人がメンバーとなり、リスクウォッチがスタートした。結成後は8月の全国大会へ向けて、ロープ結索訓練などを南消防署の協力を得ながら行ってきた。

 全国大会は8月3日に徳島県で行われ、50チームが参加。消火用のホースをボウリングの要領で転がしたり、消火器を扱う5人によるリレーなどで順位を競った。リスクウォッチは40位だったが、奥田さんは「きちんと競技を練習できたのは1回だけで、よくやった」と振り返る。

 メンバーの米木仁之介君(6年)は「来年は大会で上位に入りたい」と話す。

 奥田さんは「自分の身を守るための知識を身に着けてもらえるようにしたい」と語り、来年度以降はメンバーの拡充など、南区の広範囲で活動する意向だ。

 南消防署は「子どもが将来、消防職員や消防団員として活動してくれれば」と期待した。

南区版のローカルニュース最新6

大学生が情報誌

横浜橋通商店街

大学生が情報誌 経済

対面販売の魅力伝える

6月10日号

食糧提供で住民支援

食糧提供で住民支援 社会

南区企業が一役

6月10日号

エコバッグで脱プラを

エコバッグで脱プラを 社会

南永田団地、小学生と制作

6月10日号

介護施設の違い解説

介護施設の違い解説 社会

南センターが講座企画

6月10日号

夏の高校野球対戦相手決定

夏の高校野球対戦相手決定 スポーツ

南区から3校

6月10日号

自筆遺言 書き方学ぶ

自筆遺言 書き方学ぶ 社会

区講座の参加者募集

6月10日号

あっとほーむデスク

  • あっとほーむデスク

    6月11日18:09更新

  • 6月8日11:18更新

  • あっとほーむデスク

    6月4日16:39更新

南区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

カタツムリ作りを体験

カタツムリ作りを体験

大岡地区センター色紙で自由に

6月3日~6月30日

南区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 雨の季節

    〈連載〉さすらいヨコハマ48

    雨の季節

    大衆文化評論家 指田 文夫

    6月10日号

  • 南の風にのって

    松山区長の

    南の風にのって

    令和3年度の南区運営方針を策定しました

    6月3日号

南区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年6月11日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter