南区版 掲載号:2017年10月19日号
  • googleplus
  • LINE

堀ノ内睦町地区 こども食堂 毎週化目指す 3者が実施、連携進む

社会

「てのひら食堂」でカレーを食べる子どもら
「てのひら食堂」でカレーを食べる子どもら
 堀ノ内睦町地区で子どもと大人が食事や遊びを通して交流を図る「こども食堂」の取り組みが広がっている。地区内で異なる主体が連携しながら、1カ月に計3回開催しており、地域のネットワークづくりにつながっている。関係者は「毎週、地区内のどこかで開催できるようにしたい」と意気込む。

 こども食堂は、さまざまな人が集う地域コミュニティとしての役割も担い、全国に広がっている。

 同地区では、主婦らの住民有志がグループ「わいわい食堂」を結成。今年1月から睦地域ケアプラザでこども食堂を始め、毎月第3土曜日に開催している。

 こども食堂の開催を検討していた睦町の生活保護受給者更生施設「民衆館」でも、7月から「てのひら食堂」を始めた。同館と母子生活支援施設「睦ハイム」、ボランティアグループ「むつみ茶屋」が第1土曜日に行う。必要な費用は同館の地域公益事業の事業費でまかなっている。

 10月の開催は地域行事の関係で第2土曜日の14日に行った。小学生ら約20人の子どもが参加。カレーライスなどを食べた後は、同館に実習で来たことのある大学生ボランティアらとボードゲームや輪投げをして楽しんだ。

 同館の江森幸久館長は「施設利用者だけでなく、地域と一緒に活動することが重要だと考えた」と開催の意義を語る。先行する「わいわい食堂」での取り組みを参考にし、受付や食事提供の流れをスムーズにできるようにした。

異世代交流の場に

 こども食堂の立ち上げをアドバイスしてきた同ケアプラザ地域活動交流コーディネーターの森博昭さんは「食堂は異世代交流の場として重要であるほか、地域活動の担い手育成の役割も果たす。毎週、堀ノ内睦町地区のどこかで食堂が開かれるようにしたい」と願う。第4土曜日は障害者支援団体が同ケアプラザで「たんぽぽ食堂」を開いており、毎月第1、3、4土曜日には、食堂が行われている。

 森さんは「こども食堂を始めたいという人も増えている。まずは相談してほしい」と呼びかける。南区内ではこども食堂の開設が相次いでおり、「ほかの地区のモデルになれば」とも話している。

2つの選べるお葬式

火葬プラン15万円、 家族葬プラン45万円

http://daviusliving.jp/hall/gumyouji/

<PR>

南区版のトップニュース最新6件

学童保育 運営道のり険し

「地域の力」さらに応援

2018年度南区予算案

「地域の力」さらに応援

2月22日号

買い物困難者に食品販売

唐沢

買い物困難者に食品販売

2月15日号

部活休養日、週2以上へ

市立中

部活休養日、週2以上へ

2月15日号

働きやすい職場に「金賞」

井土ヶ谷下町向洋電機土木

働きやすい職場に「金賞」

2月8日号

インフラ整備に積極投資

市18年度予算案

インフラ整備に積極投資

2月8日号

光のぷろむなぁどの写真募集

光のぷろむなぁどに関する写真を募集しています。

http://www.yoshinoplaza.jp/2018/01/post-116.html

<PR>

南区版の関連リンク

あっとほーむデスク

南区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

種の不思議を学ぶ

種の不思議を学ぶ

こども植物園で展示

2月3日~3月4日

南区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月22日号

お問い合わせ

外部リンク