南区版 掲載号:2018年1月4日号
  • LINE
  • hatena

消防局2030年予測 救急出場、1.4倍に 市大との共同研究で判明

社会

 横浜市消防局は先ごろ、横浜市の2030年救急出場件数が15年に比べて1・36倍の年間24万件超になるという予測を発表した。増加が続く出場に対し同局は、救急車適正利用の呼びかけや、病院救急車活用の検討など、さまざまな取り組みを行う。

 横浜市の救急出場件数は2008年以降、増加の一途をたどっており、15年には年間約18万件に達している。今後も増加が予想されることから、同局は昨年7月から横浜市立大学医学部臨床統計学教室と共同で、将来の救急需要予測の研究を進めてきた。

 予測には消防局が持つ15年間分、約250万人の救急搬送記録を使用。さらに、人口や外国人宿泊者数の増減などを加味し、データが揃う2030年までの予測をした。この結果、30年には年間24万件超にのぼると算出された。それによると、交通事故による救急出場が減る一方、急病と一般負傷は増加。特に65歳以上に対する出場件数は、全体の約70%に及ぶ(15年は約53%)ことが分かった。

到着時間の延伸懸念

 特に現在ピークである午前10時台の出場件数がさらに伸びていき、平均40件(15年は28件)となると見込まれる。

 昨年、出場件数の多かった8月9日には、10時台に47件の救急出場があった。このときは全70隊中8割強にあたる60隊の救急隊が活動。同局担当者は「30年にはこうした状況が恒常的に起こるのでは」と話す。

 市は今年度、救急隊を神奈川・南各消防署と杉田消防出張所に新たに配置し、70隊から73隊に増強。来年度以降、国が「人口当たりの救急隊数の基準」としている77隊を目指して増設されるが、「地域によっては出場可能な救急車がなくなる状況や、現場到着時間がさらに延びることが懸念される」という。同局はこうした予測に対し、今後も市大との研究を継続。現場到着時間の延伸予測などを立てていく一方で、さまざまな取り組みを行っていく。

病院救急車の活用も

 その一つとして検討されるのが、医療機関が持つ「病院救急車」の活用だ。この車両は主に他施設への転院搬送用に使われているが、町田市や八王子市では、在宅医療を受ける人の状態が悪化した際、医師の判断で救急搬送に利用できる取り組みがすでに導入されているという。

横浜市南区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

南区版のトップニュース最新6件

弘明寺商店街が「大賞」

「活動拠点作りに支援を」

唐沢・中村市民団体

「活動拠点作りに支援を」

1月17日号

南消防団に総務相感謝状

「『三方よし』さらに広げる」

大木区長インタビュー

「『三方よし』さらに広げる」

1月10日号

「吉野町からお囃子を」

「希望に満ちた横浜に」

南区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • あっとほーむデスク

    1月20日1:15更新

  • 1月17日0:00更新

  • 1月10日0:00更新

南区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年1月20日号

お問い合わせ

外部リンク