南区版 掲載号:2018年1月11日号
  • googleplus
  • LINE

アマチュアボクシング元全日本王者で横浜総合高校で指導者として選手を育てる 古澤 和敏さん 66歳

強く優しく成長見守る

 ○…自身が2003年に創設した横浜総合高校ボクシング部の女子選手3人が12月の全国大会で準優勝。セコンドとして選手を見守った。大会前は「全員が初戦敗退することも頭に浮かんだ」とナーバスになったというが、選手は重圧をものともせず奮起。「決勝戦は勝っていてもおかしくない試合もあった。女子総合の部があったら優勝だったかな」とほほ笑む。

 ○…鶴見区出身。体力に自信があり、横浜高校時代は短距離走や投てき種目がある陸上5種競が専門だった。大学でレスリングを経験した後、「スピードに自信があったから」と22歳で市内のボクシングジムへ入門。体重80kg前後のライトヘビー級やヘビー級が主戦場で練習相手不足もあったが、横浜高校や神奈川大など、強豪校で出稽古を重ねて力を付けた。

 ○…悩まされたのがけが。追い込んだ練習でオーバーワークが続き、足腰に不調を感じるようになる。スピードが持ち味だったが、思い切ってスタイルを変更。むやみに動かず、接近戦でのボディーブローやカウンターを狙うようになった。「どっしり構えたことで相手がひるむようになった。人は気持ちの持ち方で変わるのだと思った」。選手生命のピンチを成長のチャンスに変え、28歳で初めてアマ全日本王者に。その後は大会6連覇を達成した。

 ○…32歳で教員に。中区や鶴見区の学校に勤務し、全国優勝する選手を輩出した。高校生の魅力は「何かをつかむと一気に伸びること」。現役時代の教訓から、指導者として「けがをさせずに成長を待つのが大切」という。現在は部活動指導員として6年目。家族は同じ市の教員だった妻と長女、長男。2人の孫もおり「この前は八景島に遊びに行った」とほほ笑む優しいおじいちゃんだ。「若い人とボクシングを研究したり、将来のことを考えられることが嬉しい」指導者としての喜びを胸に、強く優しい選手を育て続ける。

南区版の人物風土記最新6件

小出 健さん

4月から南消防署の署長に就任した

小出 健さん

4月19日号

若尾 康弘さん

南警察署長に就任した

若尾 康弘さん

4月12日号

平石 孝太さん

横浜国立大学附属横浜中学校で吹奏楽部の顧問を務めた

平石 孝太さん

4月5日号

秋元 和夫さん

3月25日まで日本画などの個展を開いている

秋元 和夫さん

3月22日号

五十嵐 留美子さん

創立20周年を迎えた「合唱団ロンド」で中心的な役割を果たしてきた

五十嵐 留美子さん

3月15日号

大日方(おびなた) 邦子さん

3月9日開幕の平昌(ピョンチャン)パラリンピックの選手団長として日本代表チームを率いる

大日方(おびなた) 邦子さん

3月8日号

南区版の関連リンク

あっとほーむデスク

南区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

和の音楽奏でる

南区邦楽協会

和の音楽奏でる

4月22日に演奏会

4月22日~4月22日

南区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年4月19日号

お問い合わせ

外部リンク