南区版 掲載号:2018年5月3日号
  • googleplus
  • LINE

南区将来推計 2065年 高齢者約4割に 人口、すでにピーク超える

社会

 2065年、南区民の約4割が高齢者に――。横浜市はこのほど、2065年までの18区別の将来人口推計を発表した。これによると、南区の人口は今後も緩やかに減り続け、今から約50年後には人口が現在の7割程度になり、その4割弱が高齢者になるとされた。

 人口推計は、2015年実施の国勢調査を基準に、区別に設定した出生率や転出入率などを踏まえて算出したもの。

 横浜市全体の人口のピークは2019年で379万人。鶴見区や西区、港北区では、今後20年前後は人口が増え続けるが、南区や港南区、金沢区などはすでに人口減少が始まっている。ピーク時の19年は65歳以上の人が占める割合は24・8%だが、65年には35・6%となり、2・8人に1人が高齢者になる計算。

50年後3割減

 南区の人口は今年4月1日時点で約19万5千人。1969年に港南区を分区して以降、一貫して19万人台で推移している。今回の推計では、25年に18万人台、36年に17万人台となり、その後も7〜8年で1万人が減るペースで、65年には現在より約3割減の約14万人と推計された。

 南区の65歳以上人口は今年3月1日時点で約5万3千人、高齢化率は27%だが、33年に3割を超え、65年は約5万1千人で37%。市全体の割合を上回る高齢化率となる。一方、0〜14歳の子どもの割合は現在の10%から今後もほとんど変わらない見込み。17年3月末時点、子どもに対する高齢者の割合を示す「老年化指数」は18区で最も高く、今後もこの傾向が加速すると予想される。

 12年から16年の間の人口動態を見ると、出生数と死亡数の割合による増減率はマイナス1・82%と18区で最も減少率が高い。この期間中は、転入者が転出者を上回っているものの、新規の大型マンションなどを開発できる余地が少なく、人口は減り続けている。

南区版のトップニュース最新6件

井土ヶ谷小に「理科教育賞」

訪問母乳相談が好評

市事業開始半年

訪問母乳相談が好評

8月16日号

「区提供名簿の活用を」

災害時要援護者

「区提供名簿の活用を」

8月9日号

工場改装、ギャラリーに

大岡4丁目

工場改装、ギャラリーに

8月9日号

横高・齊藤選手 甲子園へ

六ツ川中出身

横高・齊藤選手 甲子園へ

8月2日号

熱中症搬送 昨年の3倍に

横浜市南区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

http://www.daviusliving.jp/

<PR>

南区版の関連リンク

あっとほーむデスク

南区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

吉野町で本格クラシック

吉野町で本格クラシック

25日、若手注目弦楽奏者ら

8月25日~8月25日

南区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年8月17日号

お問い合わせ

外部リンク