南区版 掲載号:2018年5月17日号
  • googleplus
  • LINE

堀ノ内睦町地区 不用食品、こども食堂へ 初の試みで活動支援

社会

食品を選ぶ給食団体の運営者
食品を選ぶ給食団体の運営者

 家庭で不用な食品を集め、こども食堂を行う団体などに分配する取り組みが5月12日、睦地域ケアプラザであった。堀ノ内睦町地区連合町内会の初の試み。同地区では、こども食堂が毎週土曜日に開かれており、活動団体からは「食品の提供は助かる」との声が聞かれる。

 同地区では第1土曜日に生活保護受給者更生施設「民衆館」で、第2〜4土曜日は同ケアプラザを使ってこども食堂が開かれている。運営はそれぞれ別の団体が担う。

 昨年から同ケアプラザが地域住民と協力し、こども食堂の開設を進めてきた。今年4月に運営する4団体目が決まり、”毎週開催”になった。同地区には、高齢者への食事提供団体も複数ある。いずれも少額の利用料で運営しており、運営費の大半を占める食材の調達が課題となっている。

 そうした背景から連合町内会と同ケアプラザが協力し、家庭に眠っている賞味期限内の「不用食材」を募り、希望する団体へ配布することにした。

 12日にケアプラザで不用食品を受け付けたところ、12人が缶詰や調味料などを持参。約60点が集まった。その後、こども食堂運営団体など、7団体が抽選で順番を決め、集まった食品が渡された。第4土曜日に「たんぽぽ食堂」を開く障害者当事者団体「たんぽぽクラブ」は、米5kgなどを得た。同団体の伊藤昭子さんは「寄付がないと食堂が続けられない状況。米は一番使うものなので、ありがたい」と喜んだ。

 自らも缶詰などを提供した同連合町内会の亀山一会長は「食品を提供することで、活動している団体を間接的に支えることができれば」と話した。

ごみ削減にも

 不用な食品を希望する人に提供することで、「食品ロス」など、ごみの減量につなげるねらいもあった。当日は区役所の担当者も同席し、引き取り手のなかったレトルト食品など数点を廃棄物として持ち帰った。

 町内会とともに準備を進めてきた同ケアプラザ地域活動交流コーディネーターの森博昭さんは「少量の食品だと、もらう方も使いづらいので、より広い範囲で集めることも考えたい」と話し、今回の結果を踏まえて、次回以降の開催を検討するとした。
 

南区版のトップニュース最新6件

井土ヶ谷小に「理科教育賞」

訪問母乳相談が好評

市事業開始半年

訪問母乳相談が好評

8月16日号

「区提供名簿の活用を」

災害時要援護者

「区提供名簿の活用を」

8月9日号

工場改装、ギャラリーに

大岡4丁目

工場改装、ギャラリーに

8月9日号

横高・齊藤選手 甲子園へ

六ツ川中出身

横高・齊藤選手 甲子園へ

8月2日号

熱中症搬送 昨年の3倍に

横浜市南区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

http://www.daviusliving.jp/

<PR>

南区版の関連リンク

あっとほーむデスク

南区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

吉野町で本格クラシック

吉野町で本格クラシック

25日、若手注目弦楽奏者ら

8月25日~8月25日

南区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年8月17日号

お問い合わせ

外部リンク