南区版 掲載号:2018年5月24日号 エリアトップへ

光のイベント 協力者募る 「ぷろむなぁど」11年目始動

文化

掲載号:2018年5月24日号

  • LINE
  • hatena
昨年のイベントの様子
昨年のイベントの様子

 毎年12月に蒔田公園でアートイベント「光のぷろむなぁど」を行う市民団体「大岡川アートプロジェクト実行委員会」が今年の開催へ向けて協力者を募っている。

 「光の―」は2008年、吉野町市民プラザの事業として始まり、09年に蒔田公園周辺の住民らによる実行委員会が組織され、毎年12月にろうそくやペットボトルキャンドルなどを使ったアートイベントを行ってきた。イベントには日枝小や蒔田小、蒔田中、共進中などの児童・生徒の作品展示もあり、アートを通した人と人の交流が生み出されている。

 昨年9月、10回目の開催の準備を進める中、開始当初から実行委員長を務めていた杉山孝一さんが急逝。残された実行委員で予定通り開催したものの、節目の10回を迎えたこともあり、今後のイベントの方向性を話し合ってきた。その結果、イベントは継続するとし、11年目となる今年の開催を「新たな10年へ向けた第一歩」と位置付け、これまでの地域にこだわらず、より多くの協力者を募る方針にした。

「オープン」に

 今年の開催は12月15日、16日。テーマを「オープン」とし、従来の内容や取り組みにこだわらず、あらゆる人やアイデアを広く受け入れていく。

7月に会議

 実行委員会はイベントを一緒に盛り上げ、サポートしてくれるボランティアを募集。7月22日午後1時から、蒔田公園内のエコサロンで「開催準備ミーティング」を開く。この中で参加者が今年のイベントでやりたいこと、できることを確認しながら、実現へ向けた方法を探っていく。

 協力希望者は実行委員会へメール(ohokagawaart.koho@gmail.com)で申し込む。ミーティングに参加できなくても、イベントに協力したい人や運営費の寄付も受け付ける。実行委員会は「子どもから高齢者の方まで、幅広い年齢層の方が自らできることを見つけ、参加できる交流の場を創出したいと思います」と呼び掛ける。
 

横浜市南区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

南区版のローカルニュース最新6

中村・大岡両地区で運動会

中村・大岡両地区で運動会 社会

連合町内会の行事相次ぐ

10月17日号

吉野町プラザに小遊三さん来る

京急駅員の仕事を体験

京急駅員の仕事を体験 教育

27日 日ノ出町駅

10月17日号

「幼児食を学ぼう」

健康

「幼児食を学ぼう」 教育

30日 弘明寺 はぐはぐの樹

10月17日号

健康・医療 楽しく考える

健康・医療 楽しく考える 社会

大岡で「南なんデー」

10月10日号

まちの交通安全誓う

まちの交通安全誓う 文化

総ぐるみ大会に320人

10月10日号

六ツ川認知症カフェ2年

六ツ川認知症カフェ2年 社会

徐々に広がる地域の輪

10月10日号

あっとほーむデスク

  • あっとほーむデスク

    10月14日19:48更新

  • 10月12日12:21更新

  • 10月11日18:48更新

南区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「シルクロード」の歌と踊り

「シルクロード」の歌と踊り

久良岐能舞台で公演

10月28日~10月28日

南区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

南区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月17日号

お問い合わせ

外部リンク