南区版 掲載号:2018年6月7日号
  • LINE
  • はてぶ

大空襲73年 犠牲者悼む お三の宮地区で法要

社会

法要で焼香する参加者
法要で焼香する参加者
 南区や中区などに大きな被害を与えた1945年の横浜大空襲から73年となった5月29日、日枝町の瑞延寺で空襲や戦争、関東大震災の犠牲者を追悼するための法要が営まれた。お三の宮地区連合町内会、同地区社会福祉協議会の主催。

 同地区は空襲で周辺が大きな被害を受けたことから、毎年5月29日に法要を行っている。今年は住民約40人が参加した。

 空襲時、疎開先の箱根にいたという同町内会の杉山吉彦会長は「いつまでも平和に暮らせるようにしたい」とあいさつ。同町内会の元会長で南区社会福祉協議会の大津幸雄会長は「こうした法要を続けていることに感謝したい」と述べた。

横浜市南区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp/

<PR>

南区版のローカルニュース最新6件

10/14家族葬一般葬の相談会

費用・内容など個別のご相談を承っております

http://www.sougi-itabashi.co.jp

<PR>

南区版の関連リンク

あっとほーむデスク

南区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

匠の技 見て感じる

匠の技 見て感じる

21日「技能まつり」

10月21日~10月21日

南区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年10月18日号

お問い合わせ

外部リンク