南区版 掲載号:2018年6月21日号 エリアトップへ

市民の安心な生活へ ニッタオンライン市政報告42 「国際平和推進条例」が成立 公明党横浜市会議員団 仁田まさとし

掲載号:2018年6月21日号

  • LINE
  • hatena

 市会第2回定例会が5月16日から6月5日まで開かれました。この中で「横浜市国際平和の推進に関する条例」が可決成立し、6月15日に公布されました。

地域・市民が貢献へ

 この条例は、「国際交流、国際協力、多文化共生等の国際平和に貢献する取組を推進することにより、市民の平和で安心な生活と国際平和に寄与するため」に制定されました。

 目的、市の役割、市民の役割、国際交流の推進、国際協力の推進、多文化共生の推進、財政上の措置、委任(必要な事項は市長が定める)の8条から構成されています。前文では、昭和20年5月29日の横浜大空襲を忘れず行ってきた国際平和推進の様々な取り組みにより、国連から「ピースメッセンジャー」の称号を授与されたこと、さらに、地域紛争、国際テロ、核兵器の脅威、地球規模の飢餓・貧困・環境破壊に触れ、「誰一人取り残されることのない社会」との「SDGs」のスローガン実現に向け、地域や市民による貢献が求められていることを示しています。

公明党が議論リード

 制定にあたり、原案策定、パブリックコメント、賛同する他会派との議員提案と、公明党市議団が終始リードしてきました。

 今後はこの条例に基づき、市と市民とともに国際平和への貢献を推進することが求められます。

課税ゼロで中小企業支援

 定例会では「横浜市市税条例等の一部改正」も成立しました。

 この条例改正により、中小事業者が取得した先端設備等の償却資産の課税割合がゼロとされました。また、国の補助事業においても、優先採択が受けられます。

 政府は、持続的な経済成長のため、5月16日に「生産性向上特別措置法」を成立させました。これにより、設備投資を通じて生産性の向上を図る中小事業者等への支援措置が講じられることになり、横浜市でも条例の改正となりました。

 課税ゼロの対象資産は機械装置、測定工具及び検査工具などです。優先採択される補助金は、ロボット導入など生産性の大幅な向上を図る「ものづくり・サービス補助金」、商工会議所と経営計画を作成し販路開拓等を支援する「持続化補助金」などです。措置を受けるには、市から先端設備導入計画の認定を受けることが必要です。

 新たな議会構成も決まり、常任委員会では建築・都市整備・道路常任委員会に所属し、特別委員会では減災対策推進特別委員会の副委員長に就任しました。

 私は今後も国際平和の推進、中小企業の支援に全力で取り組みます。

公明党横浜市会議員団 仁田 まさとし

横浜市南区六ツ川4-1129

TEL:045-822-3410

http://www.nitta-m.jp/

南区版の意見広告・議会報告最新6

コロナ禍乗り越え、地域経済活性化目指す

県政報告

コロナ禍乗り越え、地域経済活性化目指す

自民党 県議会議員 新堀 史明

1月1日号

横浜の未来 明るく議論

市政報告

横浜の未来 明るく議論

横浜市会議員 渋谷 たけし

1月1日号

横浜のため 議論と発信を

市政報告

横浜のため 議論と発信を

市会議員 ゆさ 大輔

1月1日号

新型コロナ対策に全力改革を前に進める

新春寄稿

新型コロナ対策に全力改革を前に進める

衆議院議員 菅 義偉

1月1日号

出産・子育て環境の充実へ

長年の取り組みが次々結実 ニッタオンライン市政報告60

出産・子育て環境の充実へ

横浜市会議員 仁田(にった)まさとし

1月1日号

「誰一人取り残さない」社会へ

困窮者対策推進本部を設置 県政報告

「誰一人取り残さない」社会へ

立憲民主党・民権クラブ 県議会議員 きしべ 都

12月23日号

あっとほーむデスク

  • 1月21日16:06更新

  • 1月20日16:15更新

  • 1月20日0:00更新

南区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

写経で気分爽快

永田地区センター

写経で気分爽快

講座の参加者募集

2月9日~2月9日

南区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

南区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年1月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook