南区版 掲載号:2018年7月19日号
  • googleplus
  • LINE

中村地区で認知症に関する啓発活動を行う「キャラバンメイト」を務める 松村 光雄さん 中村町在住 75歳

認知症の理解を地域から

 ○…学校や自治会などに向け、認知症に関する出張講座を行う「認知症サポーター養成講座」の講師役を務める。民生委員の活動と合わせながら地域の高齢者を見守る活動を行うほか、認知症の人と地域が交流してほしいという思いからオープンカフェを中村地域ケアプラザで行った。キャラバンメイトが主催でカフェを開くことは珍しく、先頭に立って準備を進めた。開催にあたり、他の施設などを見学し、必要な知識や運営方法を学んだ。「カフェを通じて少しずつでも交流の場や認知症理解の場を作れれば」と話す。

 ○…中区でシャツ職人の両親のもとに生まれる。中学校から大学まで関東学院に通い、大学は機械工学科を卒業。1年間はサラリーマンとして働くが、家業を継ぐなら早い方が良いという思いから会社を退職。職人の道へと飛び込んだ。

 ○…民生委員を務めていたことがきっかけで5年前にキャラバンメイトの養成講座を受講。「受講時はキャラバンメイトを知らなかった。認知症の知識がないまま受講した」と笑う。小、中学校にも赴き、子どもに認知症の人との接し方や家族の気持ちを伝える。「認知症を発症した大山のぶ代さんを例に挙げ、『ドラえもんが認知症に』のような、かみ砕いた説明をしている。小学生の驚いた反応はとても記憶に残っている」。認知症については「認知症の発症率は高く、誰でもなる可能性がある。家族だけではなく、地域としてのサポートも大切」と話す。

 ○…中村地区の老人クラブ連合会長や総合型地域スポーツクラブの「弘明寺くらぶ」の代表も務める。「職業柄、座っていることが多いため、グラウンドゴルフは良い運動になる」と笑う。今後もさまざまな角度から認知症サポートを続ける。

南区版の人物風土記最新6件

齋藤 龍也さん

日本伝統工芸展で5年連続入選するなど、陶芸作品を作り続ける

齋藤 龍也さん

9月20日号

能登谷(のとや) 光さん

横浜市内商店街のチャーハンコンテストで銅賞を受賞した「のとやん」の店主を務める

能登谷(のとや) 光さん

9月13日号

櫻井 友貴さん

横浜市会のポスターデザインコンテストで最優秀賞を受賞した

櫻井 友貴さん

9月6日号

中尾 泉さん

9月3日から永田南の「ぽれぽれ」で書道作品展を開く

中尾 泉さん

8月30日号

伊藤 博子さん

南永田団地の子どもプールの運営を行う

伊藤 博子さん

8月23日号

金子 みち代さん

中国残留邦人問題に関わり、多くの家族の手助けを行った

金子 みち代さん

8月16日号

南区版の関連リンク

あっとほーむデスク

南区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

歴史知り、仲間作る

南永田山王台

歴史知り、仲間作る

「道の愛称」へ講座

9月28日~11月27日

南区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年9月20日号

お問い合わせ

外部リンク