南区版 掲載号:2018年8月30日号
  • LINE
  • はてぶ

宿町 通所施設サザン・ワーク 菓子作りで交流 子どもに障害理解講座も

社会

クッキーを作った子どもたち
クッキーを作った子どもたち

 宿町3丁目の精神障害者通所施設「サザン・ワーク」で8月22日、クッキー作りと障害を理解する講座が開かれた。

 南区が進める施設間連携事業の一つとして、睦地域ケアプラザが主催し、地域子育て支援拠点「はぐはぐの樹」が協力。年長から小学6年生までの12人と保護者が参加。

 施設職員らがボール型のクッキー作りを指導。焼いている間の時間を使い、同施設の中澤宰施設長が精神障害者の行動や症状を説明。「まちには、外からは分からないけれど、困ったと感じている人がいるかもしれない。どんな人にも優しい気持ちで接してほしい」と呼び掛けた。

 クッキーが焼き上がると、子どもは粉砂糖をまぶして仕上げた。参加した小学3年の女子児童は「目に見えない障害があることを知った」と話した。中澤施設長は「今後もこうした機会を通して交流を進め、少しずつ地域に施設の存在を知ってもらえるようにしたい」と展望を述べた。
 

横浜市南区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp/

<PR>

南区版のローカルニュース最新6件

10/14家族葬一般葬の相談会

費用・内容など個別のご相談を承っております

http://www.sougi-itabashi.co.jp

<PR>

南区版の関連リンク

あっとほーむデスク

南区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

匠の技 見て感じる

匠の技 見て感じる

21日「技能まつり」

10月21日~10月21日

南区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年10月18日号

お問い合わせ

外部リンク