南区版 掲載号:2018年9月20日号 エリアトップへ

清陵高 「写真甲子園」で全国準優勝 ”意外な観察力”高評価

教育

掲載号:2018年9月20日号

  • LINE
  • hatena
本戦最終日に撮影した作品
本戦最終日に撮影した作品

 県立横浜清陵高校(田中顯治校長)写真部の3年生3人が7月下旬から8月上旬に北海道で行われた全国高等学校写真選手権大会「写真甲子園」で準優勝に輝いた。

 「甲子園」は全国の高校写真部などから、共同制作による作品を募集。審査を行い、全国11ブロックから優秀校などを選出。選ばれた学校が北海道に集まり、同一条件、テーマに沿った写真を撮って、写真家らが評価するもの。

 今年は513校が参加。神奈川、千葉、山梨の南関東ブロックからは41校がエントリー。同校は6月のブロック審査で5校の中から代表に選ばれなかったが、代表を逃した中から全国で3校だけ選ばれる「選抜枠」に入り、19校が進む本戦への出場権を得た。同校の本戦出場は昨年に続いて2回目。

 本戦に進んだのは、鈴木茉凛さん、小林璃代子さん、長谷部綾乃さんの3人。7月下旬に顧問の池田玲教諭とともに北海道に入った。小林さんは「みんなが撮らないものを撮りたい」とまちの中の”意外な発見”を大切にした。

モノクロで実力発揮

 撮影は3日間。初日のテーマは「色」。鮮やかな色の野菜や虫を撮り、既定の8枚を提出。しかし、審査委員長の写真家・立木義浩さんからは「もっと大きなスケールで撮ってほしい」と厳しい評価だった。2日目は「光」がテーマ。この日はモノクロで提出することが条件で、日ごろからモノクロ撮影を中心にする3人にとって、実力を発揮する舞台となった。前日は辛口だった審査委員からも「世界観が出ている」と高評価を得た。最終日はフリーテーマ。まちの中で見つけた風景や見過ごしがちな場所をすべてモノクロで収めた。

 結果は和歌山県の学校に次ぐ準優勝。鈴木さんは「自分たちが撮りたいものは撮れたので、それが評価されて嬉しかった」と話す。池田教諭は「面白いものを見つけたり、人との関わり方、コミュニケーション力がある」と3人を評価する。

 将来について、長谷部さんは「撮った写真を加工してみたい」と卒業後も写真と関係する活動を続けたいという。

 「甲子園」での写真や同部の作品は9月22日に同校である文化祭「清陵祭」で展示される予定。
 

写真甲子園に出場した右から長谷部さん、鈴木さん、小林さん
写真甲子園に出場した右から長谷部さん、鈴木さん、小林さん

横浜市南区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

南区版のローカルニュース最新6

歴史と文化を堪能

歴史と文化を堪能 文化

永田地区セン祭りに1千人

12月5日号

働き方改革 厚労省が視察

働き方改革 厚労省が視察 経済

井土ヶ谷・向洋電機を訪問

12月5日号

横浜橋抽選会で旅行券5万円も

ソプラノとピアノの協演

ソプラノとピアノの協演 文化

10日、吉野町市民プラザ

12月5日号

経営者懇話会の世話人に石田氏

経営者懇話会の世話人に石田氏 社会

関東学院大燦葉会

12月5日号

2020年を展望

2020年を展望 社会

寺島実郎さん講演会

12月5日号

地域のつながり7つの取組紹介

地域のつながり7つの取組紹介 社会

区が情報誌作成

12月5日号

あっとほーむデスク

  • 12月5日0:00更新

  • 11月28日0:00更新

  • 11月21日0:00更新

南区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

Xマスチャリティ演奏会

南区三曲会

Xマスチャリティ演奏会

12月8日 南公会堂で

12月8日~12月8日

南区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

南区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年12月5日号

お問い合わせ

外部リンク