南区版 掲載号:2018年9月27日号 エリアトップへ

外国人へ初の生活説明会 区など、ルール教える

社会

掲載号:2018年9月27日号

  • LINE
  • hatena
ごみの分別法を説明する多文化共生ラウンジのスタッフ
ごみの分別法を説明する多文化共生ラウンジのスタッフ

 来日して間もない外国人に日本の生活ルールなどを知ってもらうために南区役所が作成した冊子を使った「生活ガイダンス」が9月20日、みなみ市民活動・多文化共生ラウンジで行われた。増え続ける外国人住民に対応したもので、日本人と外国人が暮らしやすいまちづくりを目指す。

母国語冊子使い

 南区の外国人人口はこの3年間で2割以上増え、区人口の5%を占める。日本語の読み書きはもちろん、日本のルールや風習を知らぬまま生活している人がおり、区は安心して生活を送ってもらおうと、外国人の生活に関する情報をまとめた冊子「南区生活のしおり」を英語、中国語、ハングル、タガログ語の4言語で作成し、9月から転入手続き時に渡すなどして配布を始めた。冊子の内容を詳しく説明するガイダンスを10月下旬までに4言語で計8回開く。

ごみ分別に関心

 1回目のガイダンスは中国語で行われ、14人が参加。区役所とともに冊子を作ったみなみ市民活動・多文化共生ラウンジの中国人スタッフが南区で開かれる「桜まつり」などの行事を説明した後、転入後に必要な書類や保険、年金について説明。ごみの分別方法は実際にビンや缶、プラスチック製品を示して説明。参加者からは「集積所に陶器を捨てたら取り残されていたのだが、いつ出せば良いのか」「電池はどのように捨てればいいのか」といった質問も出た。ほかにも、節分やお盆といった日本ならではの行事や風習、災害時の対応や備えておくべき物も説明された。その上で「中国にいる親が日本に短期滞在した際に病気になったら保険はどうなるのか」といった冊子には書かれていない質問も出た。

 参加した来日8年目の女性は「今まで何となく知っていたことが理解できて良かった。母語(中国語)で説明してくれるととても分かりやすい」と話した。区政推進課は「今後は外国籍住民が集まる場所や外国につながる児童が多い南吉田小学校へ出向いてガイダンスを行うことも考えている」と話す。ガイダンスの中で出た質問などを参考に冊子の内容を更新していく予定。外国人の割合が2割を占める寿東部地区の会合に同ラウンジのスタッフが参加するなど、住民の声を聞きながら関係構築を進めており、同地区をモデルに外国人と日本人が相互に理解し合える関係作りを目指す。
 

横浜市南区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

南区版のトップニュース最新6

「助郷」保存会 初の出張展示

「助郷」保存会 初の出張展示 文化

江戸の制度、24日永田で

11月14日号

県内不足数、3万人超

看護職員

県内不足数、3万人超 社会

厚労省が2025年推計公表

11月14日号

プラごみ削減法考える

日枝小 4年生

プラごみ削減法考える 教育

環境活動企業から学ぶ

11月7日号

難民支援に国際高生ら

難民支援に国際高生ら 社会

金メダリスト企画に協力

10月31日号

宮崎さんに神奈川文化賞

堀ノ内町の漆器工芸師

宮崎さんに神奈川文化賞 文化

国内唯一の芝山漆器職人

10月31日号

おかず詰める「弁当ラリー」

横浜橋通商店街

おかず詰める「弁当ラリー」 社会

ラグビーNZ応援で27日

10月24日号

「南米音楽で"世界"感じて」

くらき永田保育園

「南米音楽で"世界"感じて」 教育

演奏家招きコンサート

10月24日号

あっとほーむデスク

  • 11月14日0:00更新

  • 11月7日0:00更新

  • 10月31日0:00更新

南区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

多文化から発見を

多文化から発見を

17日、浦舟でフェスタ

11月17日~11月17日

南区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

南区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年11月14日号

お問い合わせ

外部リンク