南区版 掲載号:2018年9月27日号 エリアトップへ

⼟砂災害に備えて 県政報告 レッドゾーン指定始まる 立憲民主党・民権クラブ県議会議員 きしべ 都

掲載号:2018年9月27日号

  • LINE
  • hatena

 神奈川県は国の交付金を受けながら、急傾斜地崩壊、地すべり、砂防といった土砂災害対策事業に取り組んでいます。

 急傾斜地について、2017年から「一定の開発の抑制、建物の構造規制を目的とする土砂災害特別警戒区域」(いわゆるレッドゾーン)の指定に向け、基礎調査が始まっています。横浜市内のがけ地は2429カ所と多く、全域を一度に調査することが困難なため、まず、南区(161カ所)と磯子区(114カ所)から現地調査に着手。今年1月に結果の公表、2月には該当地域等への説明会を行い、9月11日に2区合計で236カ所を指定。基礎調査結果(土砂災害特別警戒区域等)は県のホームページ「神奈川県土砂災害情報ポータル」で見られます。

 2月の該当地域等への全体説明会に約400人、その後の2回のオープンハウス説明会には約170人の来場があり、関心の高さが感じられました。質疑では▽広報のあり方▽パソコンを扱えない高齢の方への周知徹底方法▽指定箇所にゲリラ豪雨などの災害発生が心配される時、広報車や連絡はどうなるのか▽ホームページやツイッターなどのSNSで情報を得られる人とそうでない人のデジタルデバイスの問題--が心配されていました。ハードとしての整備事業とソフトとしての地域状況の危険周知や予防、避難情報との両方を密に丁寧に進めていく必要性を痛感しました。特に高齢者の方や配慮が必要な方々に周知し、予防措置をご理解いただく課題をいただきました。

 今後もできるだけ早期に土砂災害が発生する恐れのある区域を明らかにするとともに、危険の周知、警戒避難態勢の整備など、ソフト対策の推進も求め、安心して暮らせるまちづくりを進めます。

神奈川県議会議員 立憲民主党・民権クラブ 岸部都

横浜市南区通町2-25-3 千々輪ビル1階

TEL:045-341-3385

http://kishibe-miyako.com/

横浜市南区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

南区版の意見広告・議会報告最新6

パートナーシップ制度導入へ

性的少数者を支援 ニッタオンライン市政報告48

パートナーシップ制度導入へ

横浜市会議員 仁田まさとし

10月31日号

風水害への備え見直しを

住民の安心安全が第一 県政報告

風水害への備え見直しを

立憲民主党・民権クラブ 県議会議員 きしべ 都

10月31日号

台風被害から命を守るために

南区内でも崖崩れ 市政報告

台風被害から命を守るために

日本共産党横浜市会議員 あらき 由美子

10月24日号

ラグビーW杯始まる

文化交流で国際色豊かに 県政報告

ラグビーW杯始まる

立憲民主党・民権クラブ 県議会議員 きしべ 都

9月26日号

横浜にカジノはいりません!

林市長は市民の意見を聞いて 市政報告

横浜にカジノはいりません!

日本共産党横浜市会議員 あらき 由美子

9月12日号

京急本社移転で経済活性化

県政報告【10】

京急本社移転で経済活性化

自民党 県議会議員 新堀 史明

9月5日号

カジノ誘致の撤回求める

風土に根ざした街へ 県政報告

カジノ誘致の撤回求める

立憲民主党・民権クラブ 県議会議員 きしべ 都

8月29日号

あっとほーむデスク

  • 12月7日16:00更新

  • 12月5日0:00更新

  • 11月28日0:00更新

南区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

ソプラノとピアノの協演

ソプラノとピアノの協演

10日、吉野町市民プラザ

12月10日~12月10日

南区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

南区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年12月7日号

お問い合わせ

外部リンク