南区版 掲載号:2018年11月8日号 エリアトップへ

南区郷土の歴史研究会で運営代表を務める 吉田 欣司さん 大岡在住 73歳

掲載号:2018年11月8日号

  • LINE
  • hatena

身近な歴史をひも解く

 ○…区が支援する地域人材発掘講座で南区の歴史を後世に伝えて行こうと17年から開講させ、受講者延べ171人が参加した。区の支援が終了後も「南区郷土の歴史研究会」として活動を続けている。講座では南区民の実生活に焦点を当てたテーマを取り上げており、蒔田や旧大岡村、大岡川などについて学習会を行う。「区の歴史などを案内するガイドはいるが、研究団体はなかった。南区の歴史を掘り下げたかった」と話す。

 ○…現在の緑区出身。中山小、中山中学校を卒業し、「小学生の時から好奇心が強かった」という。「近所の崖を掘って遊んでいた時に貝殻がたくさん出てきたことに疑問を持った。研究をするようになったのはその頃から」と振り返る。

 ○…結婚を機に南区へ移り住み、23歳から66歳まで金融機関に勤めた。横浜市内を転勤することが多かったが、そのたびに現地の歴史を感じたいと、地域を歩き回った。「歴史を調べるほかに地域の人とも多くの会話をすることができたり、歴史の知識が増えることがとても楽しかった」と笑顔。退職後は本格的に南区の研究を始め、他の研究者や西区の歴史研究会とも協力しながら、現在も37人の会員で活動を進める。「歴史研究は文献だけではなく、研究者に聞いたり、とても地道な作業。しかし、地域を知り、考えを伝え合う楽しさがある」と話す。

 ○…現在は妻が会の運営を支えるなど二人三脚で歴史研究を行っており「運営面では感謝している」と目を細める。吉良氏が城を構えた大岡の丘の見晴らしが良いことから頻繁に足を運ぶという。「地域の歴史を知ることが愛着心につながる。若い人たちにも身近な歴史に興味を持ってもらえたら」と話し、地域の歴史をひも解いていく。

南区版の人物風土記最新6

石井 健さん

コロナ対策を工夫する小学生野球チーム「井土ヶ谷フレンズ」の監督を務める

石井 健さん

清水ヶ丘在住 52歳

7月9日号

廣瀬 泰雄さん

4月から横浜南郵便局の局長に就いた

廣瀬 泰雄さん

井土ヶ谷上町勤務 58歳

7月2日号

齋藤 博巳さん

神奈川県表具経師内装協同組合の元理事長で県民功労者表彰を受賞した

齋藤 博巳さん

六ツ川在住 87歳

6月25日号

粟津 紅翔(こうしょう)さん(本名:粟津 成冴)

SNSで集めた「書」と自身の書道パフォーマンスを動画で披露している

粟津 紅翔(こうしょう)さん(本名:粟津 成冴)

蒔田町在住 21歳

6月18日号

柊谷 明里さん

5月1日付けで神奈川県内最年少の交通指導員となった

柊谷 明里さん

六ツ川在住 20歳

6月11日号

有賀 和彦さん

4月から南消防団の団長に就任し、藍綬褒章を受章した

有賀 和彦さん

中島町在住 66歳

5月28日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • あっとほーむデスク

    7月6日18:45更新

  • 7月5日12:00更新

  • 7月2日0:00更新

南区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

善意のコンサート

善意のコンサート

7月12日、清水ヶ丘教会

7月12日~7月12日

南区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

南区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年7月9日号

お問い合わせ

外部リンク