南区版 掲載号:2018年11月8日号 エリアトップへ

南区郷土の歴史研究会で運営代表を務める 吉田 欣司さん 大岡在住 73歳

掲載号:2018年11月8日号

  • LINE
  • hatena

身近な歴史をひも解く

 ○…区が支援する地域人材発掘講座で南区の歴史を後世に伝えて行こうと17年から開講させ、受講者延べ171人が参加した。区の支援が終了後も「南区郷土の歴史研究会」として活動を続けている。講座では南区民の実生活に焦点を当てたテーマを取り上げており、蒔田や旧大岡村、大岡川などについて学習会を行う。「区の歴史などを案内するガイドはいるが、研究団体はなかった。南区の歴史を掘り下げたかった」と話す。

 ○…現在の緑区出身。中山小、中山中学校を卒業し、「小学生の時から好奇心が強かった」という。「近所の崖を掘って遊んでいた時に貝殻がたくさん出てきたことに疑問を持った。研究をするようになったのはその頃から」と振り返る。

 ○…結婚を機に南区へ移り住み、23歳から66歳まで金融機関に勤めた。横浜市内を転勤することが多かったが、そのたびに現地の歴史を感じたいと、地域を歩き回った。「歴史を調べるほかに地域の人とも多くの会話をすることができたり、歴史の知識が増えることがとても楽しかった」と笑顔。退職後は本格的に南区の研究を始め、他の研究者や西区の歴史研究会とも協力しながら、現在も37人の会員で活動を進める。「歴史研究は文献だけではなく、研究者に聞いたり、とても地道な作業。しかし、地域を知り、考えを伝え合う楽しさがある」と話す。

 ○…現在は妻が会の運営を支えるなど二人三脚で歴史研究を行っており「運営面では感謝している」と目を細める。吉良氏が城を構えた大岡の丘の見晴らしが良いことから頻繁に足を運ぶという。「地域の歴史を知ることが愛着心につながる。若い人たちにも身近な歴史に興味を持ってもらえたら」と話し、地域の歴史をひも解いていく。

横浜市南区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

南区版の人物風土記最新6

柴田 浩一さん

横濱ジャズプロムナードプロデューサーで、『ビッグバンド大事典』を出版する

柴田 浩一さん

六ツ川在住 72歳

8月22日号

出川 哲朗さん

横浜市出身のお笑いタレントとして活躍する

出川 哲朗さん

55歳

8月8日号

加藤 将斗さん

中学生硬式野球の全国大会に出場する「横浜南ボーイズ」の監督を務める

加藤 将斗さん

庚台在勤 47歳

8月1日号

石橋 國男さん

40周年を迎えた横浜市こども植物園に開園準備期から勤務する

石橋 國男さん

六ツ川在勤 72歳

7月25日号

渡邉 一郎さん

6月20日付けで(公社)横浜南法人会の会長に就任した

渡邉 一郎さん

中区在住 61歳

7月11日号

酒巻 知子さん

ベンチプレスの世界大会で優勝した

酒巻 知子さん

宿町勤務 53歳

7月4日号

久保 雅信さん

地区センターなどで、子ども向け科学講座を開催している

久保 雅信さん

別所在住 55歳

6月20日号

あっとほーむデスク

  • 8月22日16:06更新

  • 8月22日0:00更新

  • あっとほーむデスク

    8月20日19:39更新

南区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

藤木氏招き講演会

藤木氏招き講演会

自由民権会議が31日

8月31日~8月31日

南区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年8月22日号

お問い合わせ

外部リンク