南区版 掲載号:2019年1月10日号 エリアトップへ

六ツ川 患者家族施設に太陽光 太陽住建が寄贈

社会

掲載号:2019年1月10日号

  • LINE
  • hatena
河原社長(右から2人目)から目録を受け取った松尾理事長と利用者
河原社長(右から2人目)から目録を受け取った松尾理事長と利用者

 県立こども医療センターに入院する子どもの家族の滞在施設「リラのいえ」=六ツ川4丁目=に対し、株式会社太陽住建=井土ヶ谷下町=がこのほど、太陽光発電システムを寄贈した。

 リラのいえには11の宿泊室がある。手術を控えた子どもを持つ親らが長期間宿泊するケースが多く、満室に近い状況が年間を通して続く。各部屋や共有のキッチンスペースなどはオール電化。施設長の佐伯トシ子さんは「停電があった場合は本当に困る」という。

停電時にも電気

 こうした状況を知った太陽住建の河原勇輝社長が長瀬産業株式会社=東京都=から委託を受けて販売している製品「エネイース」の寄贈を決めた。エネイースは、停電時でもLED照明などの電気製品を約10時間使用できるという。

 施設利用者の前で行われた寄贈式には太陽住建の河原社長や長瀬産業の担当者などが参加。リラのいえを運営する認定NPO法人「スマイルオブキッズ」の松尾忠雄理事長は「この設備があることで、利用者の方に安心して過ごしていただける」と話し、太陽住建の河原社長は「同じ南区にある会社として、これからも施設の役に立てる活動を行いたい」と話した。

南区版のローカルニュース最新6

高校生の活躍の場を

【Web限定記事】

高校生の活躍の場を スポーツ

高3保護者らが署名活動

6月4日号

行政書士が相談対応

【Web限定記事】給付金などの申請

行政書士が相談対応 経済

市、事業者向けに電話窓口

6月4日号

蒔中アジサイ今年も見ごろ

持ち帰り飲食店のマップ作成

【Web限定記事】宮元町の印刷会社

持ち帰り飲食店のマップ作成 社会

蒔田駅周辺、21店舗を紹介

6月4日号

過去の開港祭テレビで放送

過去の開港祭テレビで放送 社会

ジェイコムが6月2日

5月28日号

文化芸術の担い手に支援金

【Web限定記事】横浜市

文化芸術の担い手に支援金 文化

28日から申請開始

5月28日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • あっとほーむデスク

    6月6日20:33更新

  • あっとほーむデスク

    6月5日14:48更新

  • あっとほーむデスク

    6月4日15:15更新

南区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

南区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年6月6日号

お問い合わせ

外部リンク