南区版 掲載号:2019年1月31日号 エリアトップへ

教員の働き方考える 意見交換で「無駄」出し合う

教育

掲載号:2019年1月31日号

  • LINE
  • hatena
意見を出し合う参加者
意見を出し合う参加者

 教員の働き方について考える集会が1月22日、日枝小学校で行われた。

 働き方改革を率先して進めている同校の住田昌治校長が昨年から定期的に開くもの。同校の卒業生が通う共進中学校と同中学学区の太田小の教諭ら約50人が参加した。

 講師に教育研究家で文部科学省の中央教育審議会(中教審)「学校における働き方改革特別部会」の委員を務める妹尾昌俊さんが講師となり、働き方改革を根本から考えた。

 妹尾さんは「教師が子どものために長時間勤務も良しとする働き方は、崇高な使命感から生まれるものであるが、それで教師が疲弊するのであれば、子どものためにならない」と力説。その上で、働き方改革の目的を「自らの授業を磨き、生活の質を豊かにすることで、人間性や創造性を高め、効果的な教育活動を行えるようになること」と原点の重要性を説いた。

「慣習」変える

 後半は参加者とともに学校内にある「慣習」で変えられるものはないかを考えた。教員からは、プール清掃など、現場で負担と感じられているものが挙げられた。妹尾さんは「教員の手から離せるものは離そう」と呼び掛けた。最後に「改革、改善の方法には限界がある。『やめる』『減らす』といった発想も必要」とした。

 参加者からは「自分がどんな教師、教育を目指したいかを考えた上で働き方改革に取り組むことが大切だと感じた」などの声が聞かれた。

南区版のローカルニュース最新6

「書」でコロナ収束祈願

【Web限定記事】蒔田町の書道家・粟津さん

「書」でコロナ収束祈願 社会

SNSでリレー、2千人参加

5月28日号

白いアジサイ「イワガラミ」見ごろ

【Web限定記事】蒔田中

白いアジサイ「イワガラミ」見ごろ 社会

6月1日から校内公開も

5月28日号

南まつりの中止が決定

地域支える人へマスクを

地域支える人へマスクを 社会

警察や区への寄贈相次ぐ

5月28日号

過去の開港祭テレビで放送

過去の開港祭テレビで放送 社会

ジェイコムが6月2日

5月28日号

文化芸術の担い手に支援金

【Web限定記事】横浜市

文化芸術の担い手に支援金 文化

28日から申請開始

5月28日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • あっとほーむデスク

    5月28日14:57更新

  • あっとほーむデスク

    5月28日14:57更新

  • あっとほーむデスク

    5月27日18:18更新

南区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「早口言葉」の原画展

【Web限定記事】弘明寺の絵本店

「早口言葉」の原画展

30日まで 「魔女の宅急便」挿絵作家

5月21日~5月30日

南区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年5月28日号

お問い合わせ

外部リンク