南区版 掲載号:2019年1月31日号 エリアトップへ

ミニコミ誌 「ほのぼの」発行19年で幕 主婦が生活情報発信

社会

掲載号:2019年1月31日号

  • LINE
  • hatena
誌面を手に笑顔の編集員
誌面を手に笑顔の編集員

 南区在住の主婦6人が製作するミニコミ誌「ほのぼの」がメンバーの家庭の事情や年齢を考慮して、1月25日号で終刊を迎えることとなった。

 「ほのぼの」は2000年4月に創刊。「地域の思いを伝えるミニコミ誌を作ろう」と年間4回、季節ごとにテーマを決めて発行している。内容は、生活に関係するテーマに沿った読者の投稿が中心で、心温まる地域の話題を発信する情報誌には多くのファンもいた。「身近にあることをどのように特集するか、考えるのは大変だったが、編集員で話し合いをしながら決めていた」と編集長の小沢康子さんは苦労を話す。1ページ2千円で集めた広告費で製作費を賄っていたため地元商店からの広告費や近隣の住民らに支えられてきたため、終刊を残念がる読者の声も多く出ているという。

終刊を決意

 「終刊にするかギリギリまで迷っていた」と小沢さんは話す。編集者の高齢化や家庭の事情などもあり、継続が難しいと判断。良い紙面を作ることができるうちに終刊させたいと、創刊から19年で幕を閉じることにした。

 小沢さんは「気持ちはまだまだ続けたい。19年間よく頑張ったと思う」と振り返る。

 紙面の形やレイアウトは創刊当時に一緒に活動していた編集者が組んでくれたものを19年間変わらずに使い続けていたという。小沢さんは「その編集者は若くして突然亡くなってしまったが、多くの人たちの支えがあったからこそ続けてこられた」と話す。

 創刊当初から活動を行ってきた永田山王台の佐藤とみ子さんは紙面を製作する場所として自宅を開放。「自宅の中は過去の資料であふれている。終刊になることは感慨深いものがある」と話した。

 永田南の大坪美波さんは「発行から19年の時の流れを痛感している。編集員の入れ替わりなどもあったが人とのつながりを作ることができた」と話した。
 

南区版のローカルニュース最新6

駅周辺 大きく変化

桜木町

駅周辺 大きく変化 社会

市庁舎移転や商業施設

7月2日号

歌丸さんを偲ぶ

横浜橋通商店街

歌丸さんを偲ぶ 社会

命日に合わせ献花台

7月2日号

交流旗振り役に

南区の公共施設を紹介【1】

交流旗振り役に 文化

大岡地区センター

7月2日号

市会図書室 一般利用も

市会図書室 一般利用も 政治

移転で可能に

7月2日号

虐待 LINEで相談

虐待 LINEで相談 社会

横浜市 7月から導入

7月2日号

ネット活用の普及を

ネット活用の普及を 社会

デスク・レポート

7月2日号

意見広告・議会報告政治の村

  • 雇用維持と相談強化

    コロナ禍の「働く」を支える 県政報告

    雇用維持と相談強化

    立憲民主党・民権クラブ 県議会議員 きしべ 都

    6月25日号

あっとほーむデスク

  • 7月5日12:00更新

  • 7月2日0:00更新

  • あっとほーむデスク

    6月30日20:03更新

南区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

ケアと仕事 考える

ケアと仕事 考える

オンラインセミナー当事者の話聞く

7月15日~7月15日

南区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年7月5日号

お問い合わせ

外部リンク