南区版 掲載号:2019年2月28日号 エリアトップへ

県政報告 児童虐待対策強化を 立憲民主党・民権クラブ 県議会議員 きしべ 都

掲載号:2019年2月28日号

  • LINE
  • hatena

 千葉県野田市の小4女児の虐待事件では両親が傷害容疑で逮捕され、虐待リスクを認識しながら十分に対応しなかった児童相談所・ 教育委員会への批判が高まっています。亡くなった小さな命を思うと本当に胸が痛みます。

 児童虐待は多くの場合、家庭環境など複雑な要因が絡んでいると言われます。貧困や親の雇用、住居、厳しい家庭状況にもかかわらず、 受けられる福祉サービスを受けてない場合も多いです。児相だけでなく、行政や学校、警察などが連携し、 子どもを守る必要があります。

 増加する児童虐待対応の問題点や課題、虐待の通告制度の課題、行政機関の連携が不可欠であることなどを指摘してきましたが、 子どもを守ることが最優先となっていません。制度や援助体制をどう改善するか、専門家や関係機関と緊急に取り組まなければなりません。

 昨秋、公表された2017年度の全国の児相による虐待相談の対応件数は約13万3800件。虐待問題に対応する児童福祉司の不足も課題です。

 県は昨年12月から県警と児相の連携を強化し、より迅速に虐待対応を図るため、県所管の5カ所の児相の相談と通報を全てデータベース化し、 県警と共有。来年度から児童福祉司を増員し、専門的な技術を指導・教育する児童福祉司「スーパーバイザー」への研修を行う方針を示しました。

 通報から対応までの迅速化に期待するとともに虐待発見後の対応、 保護のあり方、その後の支援の仕組みなど、今後も子どもの立場での対策を進め、声なき声に気づき、 子どもの被害をなくすために取り組んでいきます。

神奈川県議会議員 立憲民主党・民権クラブ 岸部都

横浜市南区通町2-25-3 千々輪ビル1階

TEL:045-341-3385

http://kishibe-miyako.com/

南区版の意見広告・議会報告最新6

協力金に補正予算約411億円

事業者の経済活動支援に 県政報告

協力金に補正予算約411億円

立憲民主党・民権クラブ 県議会議員 きしべ 都

1月27日号

コロナ禍乗り越え、地域経済活性化目指す

県政報告

コロナ禍乗り越え、地域経済活性化目指す

自民党 県議会議員 新堀 史明

1月1日号

横浜の未来 明るく議論

市政報告

横浜の未来 明るく議論

横浜市会議員 渋谷 たけし

1月1日号

横浜のため 議論と発信を

市政報告

横浜のため 議論と発信を

市会議員 ゆさ 大輔

1月1日号

新型コロナ対策に全力改革を前に進める

新春寄稿

新型コロナ対策に全力改革を前に進める

衆議院議員 菅 義偉

1月1日号

出産・子育て環境の充実へ

長年の取り組みが次々結実 ニッタオンライン市政報告60

出産・子育て環境の充実へ

横浜市会議員 仁田(にった)まさとし

1月1日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月27日0:00更新

  • 1月26日18:36更新

  • 1月24日16:45更新

南区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

馬の「モノ・コト」一堂に

馬の「モノ・コト」一堂に

27日から 赤レンガでイベント

1月27日~1月30日

南区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

南区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年1月27日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook