南区版 掲載号:2019年4月25日号 エリアトップへ

南永田団地 空き店舗を交流拠点に 住民発意で憩いの場開設

社会

掲載号:2019年4月25日号

  • LINE
  • hatena
にぎわうサロン(16日)
にぎわうサロン(16日)

 南永田団地内にある空き店舗を活用して憩いの場を作ろうと、取り組みを進めてきた団地住民らによるNPO法人が「サロンほっとサライ」を4月20日にオープンさせた。多世代交流を図りながら団地に活気を取り戻そうと3年半前に始まった活動が形になった。今後、高齢者の健康づくりや世代交流を行う場を目指していく。

住民4割高齢者

 南永田団地は1974年に完成。UR都市機構が管理し、賃貸と分譲を合わせて約2400戸ある。現在は住民の4割以上が高齢者で、団地内の商店街には長期間、閉店したままの店舗もある。以前から「団地全体に活気がなく、空き店舗を利用し、みんなが集える場所を作れないか」という声が住民から出ていた。

 2015年11月から団地住民による永田みなみ台連合自治会(常木敬司会長)と区役所が協力し、まちづくりの担い手育成などを目的にした講座を開始。地域の課題を掘り起こしながら、空き店舗の活用策を考えていく方針が決まった。

 16年1月に運営委員会を立ち上げ、4月から隔月で近隣の永田台小学校の児童の発表や住民が得意にしている音楽演奏、模擬店などを開く「つながり祭」を行い、賛同者を増やしていった。

 同時にまちづくりの専門家のアドバイスを受けながら、空き店舗の改装計画を立て、18年3月にNPO法人「永田みなみ台ほっとサライ」を設立。代表には常木会長が就いた。その後、市の「介護予防交流拠点整備事業」に応募。850万円の補助を受け、8月から改修工事を行っていた。

健康づくり進める

 完成した拠点の広さはフロア部分が約40平方メートル。祝日を除く午前11時から午後3時まで開き、NPOメンバーの約40人、ボランティア約20人が交代でスタッフを務める。コーヒーや焼菓子を販売し、運営費用に充てる。今後、サロン内で百人一首や健康体操などを行う予定で、高齢者の健康づくりにつなげていく。ほかにも、こども食堂の開設や外国人に母国料理を作ってもらう企画も進める。

 オープンに先立ち行われた16日の内覧会でNPO事務局長の渡邊乃志男さんは「3年越しの計画でここまで来られた。皆さんに感謝します」と関係者にあいさつした。さらに「多世代交流と高齢者の見守り拠点としたい」と話し、あらゆる人が気軽に集える場所を目指して活動していく。
 

横浜市南区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

南区版のトップニュース最新6

集配中に「火災警戒」

南郵便局

集配中に「火災警戒」 社会

消防署と協力覚書締結

2月13日号

交流の場担い20年

六ツ川地域ケアプラザ

交流の場担い20年 社会

23日、祭りで節目祝う

2月13日号

小学生とサロンで交流

太田東部地区

小学生とサロンで交流 文化

ゲーム楽しみ、互助育む

2月6日号

6年ぶりのマイナス編成

横浜市予算案

6年ぶりのマイナス編成 政治

IR推進に4億円

2月6日号

「在日外国人への理解を」

「在日外国人への理解を」 社会

支援者、2月1日に講演

1月30日号

校内土で焼き物づくり

大岡小6年生

校内土で焼き物づくり 教育

地域に魅力伝える

1月30日号

寄付で食品ロス防ぐ

寄付で食品ロス防ぐ 社会

別所・ヨーカドーが貢献

1月23日号

あっとほーむデスク

  • あっとほーむデスク

    2月16日19:48更新

  • あっとほーむデスク

    2月14日14:51更新

  • 2月13日0:00更新

南区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

災害避難所での知的障害者知る

災害避難所での知的障害者知る

家族がビデオ上映会

2月24日~2月24日

南区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

南区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年2月16日号

お問い合わせ

外部リンク