南区版 掲載号:2019年5月16日号 エリアトップへ

ハマ弁 全校で当日注文可能に 喫食向上へ、28日から

教育

掲載号:2019年5月16日号

  • LINE
  • hatena
従来のおかず(上)から3つ切りにし、メインを増量した新しいおかず
従来のおかず(上)から3つ切りにし、メインを増量した新しいおかず

 横浜市は市立中学校で導入している配達弁当「ハマ弁」の喫食率向上を目指し、5月28日から全145校で当日注文を開始する。メインのおかずをボリュームアップさせるなど、内容を改善し、利用者増を図る狙いだ。

 ハマ弁は2016年7月から一部学校で提供を開始。翌年1月から全校導入したが、喫食率は開始以来1〜3%前後を推移しており、当初から利用者が少ない状況が続く。

 ハマ弁を利用するには、配達日から最短で7日前までに注文する必要があるため、保護者からは利便性向上を求める声が多く寄せられていた。

 そこで市は18年8月から市内12のモニター校で当日注文を実施。12校での3月喫食率が7・4%になり、市平均の3・1%を上回っていることなどを理由に、市内全校での当日注文に踏み切る。

 これにより、配達日前日の午後8時から当日午前7時半まで「ハマ弁注文サイト(https://www.hamaben.jp/)」で注文可能になる。当日注文には事前の利用者登録が必要だが、モニター12校のうち5校では喫食率が10%を超え、利用促進に一定の効果が見られた。

 また、クレジットカードかコンビニエンスストアでの支払いに加え、LINEの決済サービス「LINE Pay」でも可能になる。さらに、4月からはおかずを入れる容器を3つ切りに変更してメインのおかずを増量している。市教育委員会の担当者は「19年度末までに喫食率15%を目指す」と目標値を掲げる。

給食求める声も

 横浜の市民団体が3月に発表した中学校昼食に関するアンケートによると市民3729人の95%以上が「給食が望ましい」と回答するなど、給食を求める声は根強い。市は完全給食の実施について敷地の問題や高額な施設整備費などを理由に難色を示す。市担当者は「まずは、ハマ弁の喫食率向上に取り組む」と話す。

横浜市南区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

南区版のトップニュース最新6

ボランティアが活動継続

外国籍生徒学習支援

ボランティアが活動継続 教育

有志団体、協力者募る

5月23日号

60年の「家庭保育」に幕

永田北矢後さん

60年の「家庭保育」に幕 社会

親子2代、自宅で運営

5月23日号

開店3年 障害者の励みに

区庁舎内喫茶店

開店3年 障害者の励みに 社会

20日から周年記念企画も

5月16日号

広がる「子どもの居場所」

広がる「子どもの居場所」 社会

食堂や学習支援など

5月1日号

「弘明寺から健康・福祉を」

「弘明寺から健康・福祉を」 社会

市民のまちづくり始動

5月1日号

空き店舗を交流拠点に

南永田団地

空き店舗を交流拠点に 社会

住民発意で憩いの場開設

4月25日号

あっとほーむデスク

  • あっとほーむデスク

    5月23日16:57更新

  • あっとほーむデスク

    5月18日22:45更新

  • あっとほーむデスク

    5月17日14:42更新

南区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月23日号

お問い合わせ

外部リンク