南区版 掲載号:2019年5月23日号 エリアトップへ

外国籍生徒学習支援 ボランティアが活動継続 有志団体、協力者募る

教育

掲載号:2019年5月23日号

  • LINE
  • hatena
生徒に問題集の説明をするボランティア
生徒に問題集の説明をするボランティア

 市民ボランティアが外国籍の中学生に勉強を教える教室「さくらんぼ」が4月に始まった。3月まで「みなみ市民活動・多文化共生ラウンジ」=浦舟町=で開かれていた学習支援教室を実質的に引き継いだもの。有志が生徒と一対一で向き合い、支援しており、団体側は協力者を募っている。

 市内でも南区は外国籍の児童・生徒が多く、日本語の理解が不十分なまま学校の授業を受けているケースがある。そのため、同ラウンジが2012年から週1回、学習支援教室を開き、ボランティアが活動していた。

 しかし、市教育委員会からラウンジへの支援期間が今年3月で終了。ボランティアの佐分利豊さんは「学習だけでなく、子どもの居場所にもなっている」と教室の継続を希望し、ほかのボランティア15人とともに「さくらんぼ」を立ち上げた。

 同ラウンジが入る建物の部屋を使い、毎週火曜日の午後5時から国語、数学、英語などを教える。平楽中や蒔田中などの13人が登録。生徒の大半は中国籍だ。中国から1年前に来日し、蒔田中に通う女子は「学校の授業は進むのが速い。ここならゆっくり教えてもらえる」という。ボランティアの経歴は元公務員や海外生活経験者など、さまざま。定年後の活動として参加する人が多い。

 例年、中国の学年が切り替わる9月前に来日する生徒が増えることから、さくらんぼは、ボランティアを増やし、体制を整えたい意向。佐分利さんは「交通費も出せず、手弁当でのお願いとなるが、子どもたちのために協力してほしい」と話す。

 さくらんぼのほかにも、南区では、小中学生を対象にした「にほんごでスマイル」や高校進学を目指す外国人向けの「たぶんかフリースクール」など、ボランティアによる日本語・学習支援教室が複数ある。

 さくらんぼに関する問い合わせは問い合わせは佐分利さん【電話】045・260・9028。
 

南区版のトップニュース最新6

外遊びの安全確保に苦悩

横浜市内認可保育園

外遊びの安全確保に苦悩 教育

4割が狭い園庭

6月20日号

難病と闘い 描き続ける

蒔田町森さん

難病と闘い 描き続ける 社会

患者対象公募展で入賞

6月20日号

新劇場整備へ検討委設置

横浜市

新劇場整備へ検討委設置 文化

多面舞台備え集客狙い

6月13日号

ネット募金で拠点作り

中村地区の主婦NPO

ネット募金で拠点作り 社会

空き家改修へ180万円必要

6月13日号

弘明寺を「健康のまちに」

弘明寺を「健康のまちに」 社会

市民団体が活動開始

6月6日号

「道の愛称」付け本格始動

南永田山王台地区

「道の愛称」付け本格始動 社会

小学生の意見聞く

5月30日号

「名物アジサイ間近で見て」

蒔田中

「名物アジサイ間近で見て」 社会

6月3日から校内公開

5月30日号

横浜市南区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月20日0:00更新

  • 6月13日0:00更新

  • あっとほーむデスク

    6月9日12:54更新

南区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

横浜橋で「スリッパ卓球」

横浜橋で「スリッパ卓球」

23日、南区予選会

6月23日~6月23日

南区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年6月20日号

お問い合わせ

外部リンク