南区版 掲載号:2019年5月30日号 エリアトップへ

南永田山王台地区 「道の愛称」付け本格始動 小学生の意見聞く

社会

掲載号:2019年5月30日号

  • LINE
  • hatena
「子ども会議」で道を再現
「子ども会議」で道を再現

 南永田山王台地区で準備が進められていた地区内の道に愛称を付ける取り組みが今年度から本格的にスタートした。5月18日には、小学生に愛称を考えてもらう会議を開いた。今後は住民アンケートを行い、愛称を決めていく。

ふるさと意識醸成へ

 同地区は井土ヶ谷小学校の裏側から横浜国際高校そばまでの範囲。主に平戸桜木道路から山側の地域で、国際高校側は道が碁盤の目のように縦横に走る。このため、「外から来た人が迷いやすい」などの声が出ていた。

 同地区連合町内会(岩田春男会長)と南区役所などが昨年9月から11月に開いたまちづくりの人材育成事業「寺子屋みなみ」を通し、地区内の複数の道に愛称を付け、ふるさと意識を醸成していくことを決めた。

 企画は連合町内会と同地区でまちづくり活動を行ってきた「ふるさと創生の会」が中心となって進める。町内会側はまず、主な16カ所の道の愛称を付けることにした。

 企画の概要と町内会側が参考案として示した16の愛称を紹介した「道の愛称プロジェクトニュース」を4月に発行。5月18日には小学生に愛称を考えてもらおうと、「子ども会議」を永田地域ケアプラザで実施。室内に紙を使って道を再現したり、町内の歴史などを説明した上で考えてもらった。井土ヶ谷小、永田台小、六つ川小から16人が参加。男子児童は、京急ガード下から白幡神社へつながる車1台分しかない細い道を「ケンカ道」と名付けた。児童は「車が向かい合っている姿をよく見るから」と理由を説明していた。

 6月12日にある「地区懇談会」でも参加者に道の名前を考えてもらうほか、6月発行の「プロジェクトニュース」でもアンケートを行い、広く愛称を募っていく。それらを踏まえ、7月以降に愛称を決める会議を開く。

 プロジェクトリーダーの堀木一男さんは「子どもが多くの意見を出してくれた。これを機に地域のことをもっと知ってもらえたら」としていた。
 

南区版のトップニュース最新6

子育て広場に食品寄付

井土ヶ谷パチンコ店

子育て広場に食品寄付 社会

食べ残し減に貢献

6月17日号

個別接種 南区34カ所に

コロナワクチン

個別接種 南区34カ所に 社会

1カ月前から大幅増

6月17日号

南太田にシェアスペース

南太田にシェアスペース 社会

建築家が空きビル改装

6月10日号

障害者への理解広げ5年

区庁舎内喫茶店

障害者への理解広げ5年 社会

接客で励みや喜び生む

6月10日号

横浜大空襲を伝え続ける

横浜大空襲を伝え続ける 社会

法要や祈念碑公開

6月3日号

区役所一丸でコロナ対策

区役所一丸でコロナ対策 社会

南区運営方針で決意示す

5月27日号

意見広告・議会報告政治の村

  • 脱炭素推進へ条例成立

    議員提案、全会一致で可決 ニッタオンライン市政報告57

    脱炭素推進へ条例成立

    横浜市会議員 仁田(にった)まさとし

    6月17日号

あっとほーむデスク

  • あっとほーむデスク

    6月16日21:51更新

  • あっとほーむデスク

    6月16日12:12更新

  • あっとほーむデスク

    6月14日12:33更新

南区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

自筆遺言 書き方学ぶ

自筆遺言 書き方学ぶ

区講座の参加者募集

7月6日~7月6日

南区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 雨の季節

    〈連載〉さすらいヨコハマ48

    雨の季節

    大衆文化評論家 指田 文夫

    6月10日号

南区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年6月17日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter