南区版 掲載号:2019年6月6日号 エリアトップへ

南消防団の副団長を務め、春の褒章で藍綬褒章を受章した 山田 光明さん 中村町在住 68歳

掲載号:2019年6月6日号

  • LINE
  • hatena

仲間との結束を力に

 ○…入団から40年。名誉ある受章に「子どもや孫から『すごいね』と言われたのが嬉しい」と目を細める。「仲間がいるからこそ活動できる。一人ひとりは点でもそれが線になれば」と常に組織の中で支え合うことを何より大事にする。

 ○…中村町で生まれ育つ。父は大工で、建てた家は今でも近所に多く残る。親戚が営む溶接の仕事を学び、20代後半で独立。大手企業の下請けとして管の溶接工事を仕事にした。父に代わって町内会活動を始めたのをきっかけに、消防団員である町内会役員から勧められて入団。「最初はよく分からなかったが、入ったら知っているが多くいた」と振り返る。「火災現場にいち早く駆け付け、誉められるかと思ったら分団長から『そこは隣の分団の持ち場だ』と怒られた」と苦笑い。それでも登竜門と言われる4人1組のポンプ操法訓練で、自身が加わってから寿消防団の大会で5年間で3度の優勝を果たした。

 ○…2010年に寿、大岡の両消防団が統合して南消防団が発足。一時は団員の減少に悩まされたが、企業などに声掛けを続け、団員数は回復。昨年には初めて定数に達した。「活動内容を丁寧に伝え、少しでも長く続けてほしい」と願う。昨年4月から副団長に。「教える立場である以上、勉強しなければ」と資格取得も意識。「消防団は災害時に何でもできると思われるから」という。

 ○…メダカを飼いながら、交配させ、新品種を産み出すのが趣味。「今は家に20種類もいる」と笑う。神輿を担ぐのも好きで、地元神輿保存会の会長を務める。「神輿は一人では担げない。仲間がいてこそ上げられる」との思いは消防団活動にも通じる。「現場で仲間が来るとホッとする」。結束を力にし、これからもまちの安全を守る。

南区版の人物風土記最新6

石井 健さん

コロナ対策を工夫する小学生野球チーム「井土ヶ谷フレンズ」の監督を務める

石井 健さん

清水ヶ丘在住 52歳

7月9日号

廣瀬 泰雄さん

4月から横浜南郵便局の局長に就いた

廣瀬 泰雄さん

井土ヶ谷上町勤務 58歳

7月2日号

齋藤 博巳さん

神奈川県表具経師内装協同組合の元理事長で県民功労者表彰を受賞した

齋藤 博巳さん

六ツ川在住 87歳

6月25日号

粟津 紅翔(こうしょう)さん(本名:粟津 成冴)

SNSで集めた「書」と自身の書道パフォーマンスを動画で披露している

粟津 紅翔(こうしょう)さん(本名:粟津 成冴)

蒔田町在住 21歳

6月18日号

柊谷 明里さん

5月1日付けで神奈川県内最年少の交通指導員となった

柊谷 明里さん

六ツ川在住 20歳

6月11日号

有賀 和彦さん

4月から南消防団の団長に就任し、藍綬褒章を受章した

有賀 和彦さん

中島町在住 66歳

5月28日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • あっとほーむデスク

    7月6日18:45更新

  • 7月5日12:00更新

  • 7月2日0:00更新

南区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

善意のコンサート

善意のコンサート

7月12日、清水ヶ丘教会

7月12日~7月12日

南区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

南区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年7月9日号

お問い合わせ

外部リンク