南区版 掲載号:2019年7月25日号 エリアトップへ

蒔田小児童守る「学援隊」 住民ら30人で発足

教育

掲載号:2019年7月25日号

  • LINE
  • hatena
発足式に参加した隊員(前列左から5人目が隊長の佐藤さん)
発足式に参加した隊員(前列左から5人目が隊長の佐藤さん)

 市立蒔田小学校(太田正寿校長)の児童の登下校を見守る「蒔田っ子学援隊」が7月17日に発足した。学校周辺の住民約30人が“隊員”として活動する。子どもの安全確保が社会的課題になる中、隊員は「子どものために役立てれば」と意気込む。

 5月に川崎市で登校中の児童が殺傷される事件や子どもが犠牲になる交通事故が大きなニュースになるなど、子どもの安全確保が社会全体の課題となっている。

 その中、小学校では、近年、登下校時に住民が通学路で児童を見守る「学援隊」などと呼ばれる組織が相次いで立ち上がっている。

 蒔田小の太田校長は「登下校中の事故などを教職員だけで防ぐのは難しい」と考え、学校と地域が連携した見守り活動ができないか模索していた。これまでも、一部の保護者が通学路の見守りを行っていたが、カバーできない場所も多く、住民の協力が不可欠だと考えていた。

元PTA会長ら協力

 学校そばに住み、同校元PTA会長の佐藤和夫さんと相談し、学援隊発足を決めた。佐藤さんは「以前から地域の子どもを守りたいという気持ちがあった」と隊長になり、蒔田地区の町内会や老人クラブを通して協力を依頼。「隊員」として約30人が参加することになった。中には自身の孫が同校に通っている人もいる。

 17日に同校で学援隊発足式が行われ、学校が購入した活動用の緑色のベストが隊員に渡された。

 隊員は主に登校時間帯の午前8時前後に榎町や共進町など、8カ所の通学路に立ち、横断歩道の誘導や児童に同行して学校まで歩く。下校時間帯は学年によって異なることもあり、可能な限り持ち場に立ったり、散歩を兼ねて周辺をパトロールしていく。

顔見知りの関係に

 太田校長は「通学路にはガードレールのない細い道もあり、学援隊の存在は安全確保につながる」という。さらに「地域の方が見守っていることを児童に伝えていく」と話し、顔見知りの関係になることも期待する。

 佐藤さんと活動し、共進町二丁目町内会の会長も務める鈴木誠さんは「無理せず、長く続けていきたい」としていた。
 

南区版のトップニュース最新6

違法駐車減へ合同啓発

違法駐車減へ合同啓発 社会

南、伊勢佐木署など連携

10月29日号

「写経で心を元気に」

大岡地区センター

「写経で心を元気に」 文化

弘明寺副住職招き、初講座

10月29日号

クイズラリーで健脚に

南区内の2施設

クイズラリーで健脚に 社会

3密避け、にぎわい創出

10月22日号

初のビデオ会議体験会

初のビデオ会議体験会 社会

区企画に町内会長ら

10月22日号

オンライン会議を体験

南区

オンライン会議を体験 コミュニティ社会

地域団体向けに講座開始

10月15日号

陸上400mで関東大会へ

永田中出身野間さん

陸上400mで関東大会へ スポーツ

舞岡高2年、故障乗り越え

10月15日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • あっとほーむデスク

    10月18日12:57更新

  • あっとほーむデスク

    10月17日10:18更新

  • あっとほーむデスク

    10月16日14:18更新

南区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

吉良研究 記者から聞く

吉良研究 記者から聞く

研究会が講演会

11月7日~11月7日

南区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

南区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年10月29日号

お問い合わせ

外部リンク