南区版 掲載号:2019年10月10日号 エリアトップへ

六ツ川認知症カフェ2年 徐々に広がる地域の輪

社会

掲載号:2019年10月10日号

  • LINE
  • hatena
寄席も行われている
寄席も行われている

 六ツ川2丁目の認知症カフェ「とおりみち」(佐藤幸子代表=人物風土記で紹介)が9月13日に開所2周年を迎えた。当初は10人だった利用者も現在は30人まで増え、地域の輪が広がっている。

 同所は2017年に、一人暮らしや軽度認知障害(MCI)などの高齢者が楽しく過ごせる場所として開所。地域のケアプラザや介護事業所らが協力し、利用者同士で認知症予防や健康についての情報交換を行っている。

 カフェでは、美空ひばりさんや美輪明宏さんになりきって楽しむ歌声喫茶や、クリスマス会などが開かれている。また、南警察署の署員を講師に招き、振り込め詐欺の対策方法を学ぶ講座も行われている。

 佐藤さんは「今後も世代交流の場として活気づけていければ」と話した。

南区版のローカルニュース最新6

高校生の活躍の場を

【Web限定記事】

高校生の活躍の場を スポーツ

高3保護者らが署名活動

6月4日号

行政書士が相談対応

【Web限定記事】給付金などの申請

行政書士が相談対応 経済

市、事業者向けに電話窓口

6月4日号

蒔中アジサイ今年も見ごろ

持ち帰り飲食店のマップ作成

【Web限定記事】宮元町の印刷会社

持ち帰り飲食店のマップ作成 社会

蒔田駅周辺、21店舗を紹介

6月4日号

過去の開港祭テレビで放送

過去の開港祭テレビで放送 社会

ジェイコムが6月2日

5月28日号

文化芸術の担い手に支援金

【Web限定記事】横浜市

文化芸術の担い手に支援金 文化

28日から申請開始

5月28日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • あっとほーむデスク

    6月4日15:15更新

  • あっとほーむデスク

    6月4日15:15更新

  • あっとほーむデスク

    6月3日11:33更新

南区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年6月4日号

お問い合わせ

外部リンク