南区版 掲載号:2019年10月10日号 エリアトップへ

健康・医療 楽しく考える 大岡で「南なんデー」

社会

掲載号:2019年10月10日号

  • LINE
  • hatena
薬剤師らに相談する参加者
薬剤師らに相談する参加者

 南区4大まつりの一つ、南区健康福祉まつり「いきいきふれあい南(なん)なんデー」が10月6日、大岡健康プラザで行われた。主催は南区医師会や医療、福祉、保健、食品関係団体らによる実行委員会(池田嘉宏委員長=南区医師会会長=)で28回目。

 健康や福祉に関する団体がブースを設け、健康や医療についての情報を提供。医師や歯科医師、薬剤師が相談を受け付けるコーナーは開始から順番待ちの列が続き、持病や薬の飲み方を訪ねていた。

 医師会の企画として、認知症の早期発見や予防につながる「もの忘れ」診断を実施。タッチパネルを使い、アナウンスされた物の名前や当日の日付を訪ねる質問に答えていく形式で正答数に応じて「認知症の心配なし」などの判定をした。担当した北浜正医師は「認知症患者が増える中で、早期発見や進行を遅らせることにつなげられる」と今後、あらゆる場面で試せるようにしたいとした。

タッチパネルによるもの忘れ診断
タッチパネルによるもの忘れ診断

南区版のローカルニュース最新6

「書」でコロナ収束祈願

【Web限定記事】蒔田町の書道家・粟津さん

「書」でコロナ収束祈願 社会

SNSでリレー、2千人参加

5月28日号

白いアジサイ「イワガラミ」見ごろ

【Web限定記事】蒔田中

白いアジサイ「イワガラミ」見ごろ 社会

6月1日から校内公開も

5月28日号

南まつりの中止が決定

地域支える人へマスクを

地域支える人へマスクを 社会

警察や区への寄贈相次ぐ

5月28日号

過去の開港祭テレビで放送

過去の開港祭テレビで放送 社会

ジェイコムが6月2日

5月28日号

文化芸術の担い手に支援金

【Web限定記事】横浜市

文化芸術の担い手に支援金 文化

28日から申請開始

5月28日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • あっとほーむデスク

    5月29日14:48更新

  • あっとほーむデスク

    5月29日14:48更新

  • あっとほーむデスク

    5月29日14:48更新

南区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「早口言葉」の原画展

【Web限定記事】弘明寺の絵本店

「早口言葉」の原画展

30日まで 「魔女の宅急便」挿絵作家

5月21日~5月30日

南区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年5月29日号

お問い合わせ

外部リンク