南区版 掲載号:2019年12月12日号 エリアトップへ

井土ヶ谷小 「おみこし楽しいよ」 2年生、魅力伝える体験会

教育

掲載号:2019年12月12日号

  • LINE
  • hatena
法被姿でみこしを担ぐ2年3組の児童
法被姿でみこしを担ぐ2年3組の児童

 市立井土ヶ谷小学校(山本浩之校長)2年3組の児童がみこしやお囃子の楽しさを多くの人に知ってもらう体験会を12月5日、井土ヶ谷上町公園で行った。

 児童は「生活科」の授業の中で地域の祭りについて調べ始め、住吉神社例大祭の成り立ちを学んだり、みこしを見学するなどしてきた。次第に「自分たちでみこしを作りたい」と思うようになり、祭りを支えている町内会関係者などに協力を依頼。その中で例大祭のみこしの担ぎ手が減っていることを知り、祭りを続けることが難しくなっていることを知った。

 みこしの担ぎ方やお囃子について教えてもらった児童は、みこしを作り、校内や地域住民に祭りの楽しさを伝えようと体験会を企画。11月に同校であった「ふるさと祭り」で段ボールと金色の紙で作ったオリジナルみこしを披露していた。

 今回は地域住民にも知ってもらおうと、公園で体験会を開催。例大祭で出される子どもみこしも用意し、法被姿の児童は「わっしょい」の掛け声とともに練り歩いた。児童は訪れた住民や保育園児にみこしやお囃子の説明をしていた。

将来の担ぎ手に

 児童の様子を見た女性は「元気な声が聞けて嬉しかった」と話した。井土ケ谷上町第一町内会の佐々木哲夫会長は「この子どもたちが将来も祭りに参加して、みこしを担いでほしい」と願った。

 男子児童は「みこしが楽しいことをもっと多くの人に伝えたい」と話し、今後も体験会を行う予定。担任の野口由佳教諭は「児童はお囃子教室に通ったり、商店の方の優しさに触れるなど、地域への愛着が増している」と話す。山本校長も「井土ヶ谷をもっと好きになってほしい」と期待していた。

南区版のローカルニュース最新6

高校生の活躍の場を

【Web限定記事】

高校生の活躍の場を スポーツ

高3保護者らが署名活動

6月4日号

行政書士が相談対応

【Web限定記事】給付金などの申請

行政書士が相談対応 経済

市、事業者向けに電話窓口

6月4日号

蒔中アジサイ今年も見ごろ

持ち帰り飲食店のマップ作成

【Web限定記事】宮元町の印刷会社

持ち帰り飲食店のマップ作成 社会

蒔田駅周辺、21店舗を紹介

6月4日号

過去の開港祭テレビで放送

過去の開港祭テレビで放送 社会

ジェイコムが6月2日

5月28日号

文化芸術の担い手に支援金

【Web限定記事】横浜市

文化芸術の担い手に支援金 文化

28日から申請開始

5月28日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • あっとほーむデスク

    6月4日15:15更新

  • あっとほーむデスク

    6月4日15:15更新

  • あっとほーむデスク

    6月3日11:33更新

南区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年6月4日号

お問い合わせ

外部リンク