南区版 掲載号:2020年4月30日号 エリアトップへ

かながわSDGsパートナー新規認定【2】 「思いやりの心」胸に 六ツ川 日本工業所(設備工事業)

社会

掲載号:2020年4月30日号

  • LINE
  • hatena
環境を考えた工事を実践
環境を考えた工事を実践

地域経済の活性化に

 1942年創業、株式会社日本工業所(佐藤拓社長)=六ツ川=は空調設備工事などを行う総合設備会社。横浜市内広域の小中学校のガス空調機やプールのメンテナンス、トイレの改修工事などを担っている。

 市外からの依頼案件もある中、佐藤社長は「7割以上は横浜での仕事になるように意識している。地域経済の活性化を促進したい」と話す。

環境に優しい工事

 SDGs(環境保全など、持続可能な開発目標)の目標の一つ「つくる責任つかう責任」を実践し、環境に優しい工事を心掛ける。工事で出る廃棄物の管理を徹底し、環境への負荷ができるだけ少ない機械を導入。不要なごみを減らすなどの取り組みを進める。

 「環境保全を考えるまでが仕事。定期的に行っている会社周辺の清掃活動も継続し、より良い住環境の確保に努めていきたい」と佐藤社長。

社員の「働きがい」尊重

 「会社の経済成長は社員の働きがいや健康あってこそ」がモットー。今年1月には男女が平等に働ける環境作りなどに取り組んでいる証「よこはまグッドバランス賞」を受賞した。

 社員の生活リズムに合わせた勤務シフトを心掛け、子育て世代も気持ち良く働けるように工夫を凝らす。子どもがいる女性社員は「仕事を理由に学校行事に行けないことはまずない」と話す。

 佐藤社長は「SDGsは、一人ひとりが社会のことを考えて達成できるもの。引き続き、会社全体で『思いやりの心』を持って業務に取り組みたい」と展望を語った。

公明党横浜市議団

女性の生きづらさ解消へ支援 「生理の貧困」受け、市内で無料配布

http://www.nitta-m.jp/

<PR>

南区版のローカルニュース最新6

意見広告・議会報告政治の村

  • 協力金の再申請 7月から

    飲食店以外にも支援を拡大 県政報告

    協力金の再申請 7月から

    立憲民主党・民権クラブ 県議会議員 きしべ 都

    6月24日号

  • 脱炭素推進へ条例成立

    議員提案、全会一致で可決 ニッタオンライン市政報告57

    脱炭素推進へ条例成立

    横浜市会議員 仁田(にった)まさとし

    6月17日号

あっとほーむデスク

  • あっとほーむデスク

    6月19日23:09更新

  • あっとほーむデスク

    6月19日16:18更新

  • あっとほーむデスク

    6月16日21:51更新

南区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年6月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter