南区版 掲載号:2020年6月4日号 エリアトップへ

【Web限定記事】給付金などの申請 行政書士が相談対応 市、事業者向けに電話窓口

経済

掲載号:2020年6月4日号

  • LINE
  • hatena

 新型コロナウイルスの影響を受けた事業者に対する支援メニューが国や県、市から多く出されている中、市経済局は給付金などの申請に関する相談を電話で行政書士に行える取り組みを6月1日から始めた。

 国の「持続化給付金」や市の「小規模事業者支援一時金」などの支援メニューが出ているが、事業者からは「自分の会社がどれに当てはまるか分からない」「申請書の書き方が複雑」などの声が聞かれる。こうした声を受けて市は神奈川県行政書士会の横浜市内7支部と連携し、電話相談窓口を開設した。

 希望者が専用窓口に電話し、内容や事業所の所在地を伝えると、所管支部の行政書士から連絡がある仕組み。南区の事業者は南・港南支部に所属する行政書士が対応する。相談に応じるのは、各メニューの申請に関する部分。同局は「申請がうまくできないといった事業者を支援したい」としている。

 電話番号は【電話】050-3822-1200。月曜日から金曜日(祝祭日を除く)の午前9時から午後5時。8月31日まで開設される予定。

南区版のローカルニュース最新6

駅周辺 大きく変化

桜木町

駅周辺 大きく変化 社会

市庁舎移転や商業施設

7月2日号

歌丸さんを偲ぶ

横浜橋通商店街

歌丸さんを偲ぶ 社会

命日に合わせ献花台

7月2日号

交流旗振り役に

南区の公共施設を紹介【1】

交流旗振り役に 文化

大岡地区センター

7月2日号

市会図書室 一般利用も

市会図書室 一般利用も 政治

移転で可能に

7月2日号

虐待 LINEで相談

虐待 LINEで相談 社会

横浜市 7月から導入

7月2日号

ネット活用の普及を

ネット活用の普及を 社会

デスク・レポート

7月2日号

意見広告・議会報告政治の村

  • 雇用維持と相談強化

    コロナ禍の「働く」を支える 県政報告

    雇用維持と相談強化

    立憲民主党・民権クラブ 県議会議員 きしべ 都

    6月25日号

あっとほーむデスク

  • 7月5日12:00更新

  • 7月2日0:00更新

  • あっとほーむデスク

    6月30日20:03更新

南区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

ケアと仕事 考える

ケアと仕事 考える

オンラインセミナー当事者の話聞く

7月15日~7月15日

南区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年7月5日号

お問い合わせ

外部リンク