南区版 掲載号:2020年6月25日号 エリアトップへ

コロナ禍の「働く」を支える 県政報告 雇用維持と相談強化 立憲民主党・民権クラブ 県議会議員 きしべ 都

掲載号:2020年6月25日号

  • LINE
  • hatena

 2019年の平均の完全失業率は2・4%でしたが、今年3月に2・5%、4月には2・6%と上昇し、新型コロナウイルスの影響で解雇や雇い止めにあった人、その可能性のある人が急増しています。厚生労働省の集計では、5月29日時点で1万7千人弱となっているとのことです。

 神奈川県内の労働基準監督署やハローワークに対する新型コロナウイルスの影響による解雇や雇い止めに関する労働相談件数は、2月は9件だったものが、4月は342件に増加したとの報道がありました。また、神奈川労働局では、雇用調整助成金に関する問合せが、2月の71件から、3月は2973件、4月は

9055件と、大きく増加しているとも伝えられました。緊急事態宣言は解除されていますが、コロナの感染拡大を防止しながらの経済活動は一定の制約を受けざるを得ず、国内景気や雇用をめぐる環境は、今後も厳しい状況が続いていくことが想定されます。

 国の第二次補正予算では、雇用調整助成金について、上限日額を8330円から1万5千円まで引き上げるとともに、6月末までとされていた緊急対応期間を9月まで延長するなど、雇用の維持に関する支援が盛り込まれたところです。

 県としても中小企業・個人事業者の皆さんへ協力金等の支援を行っているところですが、相談の観点でも、手続きが煩雑と言われている申請をしやすくするために個別相談会を実施し、解雇や雇い止めなどへ相談専用ダイヤルを新設します。柔軟に、ニーズを踏まえた対応を求めていきます。

神奈川県議会議員 立憲民主党・民権クラブ 岸部都

横浜市南区通町2-25-3 千々輪ビル1階

TEL:045-341-3385

http://kishibe-miyako.com/

南区版の意見広告・議会報告最新6

雇用維持と相談強化

コロナ禍の「働く」を支える 県政報告

雇用維持と相談強化

立憲民主党・民権クラブ 県議会議員 きしべ 都

6月25日号

子どもたちに活躍の場を

ビデオ対談

子どもたちに活躍の場を

横浜市会議員 ゆさ 大輔

6月4日号

県の協力金 第2弾を即決

事業者救済の一手に 県政報告

県の協力金 第2弾を即決

立憲民主党・民権クラブ 県議会議員 きしべ 都

5月28日号

生活支えるごみ収集員

ビデオ対談

生活支えるごみ収集員

横浜市会議員 ゆさ 大輔

5月21日号

商店街の今と未来を支援 その2

ビデオ対談

商店街の今と未来を支援 その2

横浜市会議員 ゆさ 大輔

5月14日号

コロナ対策の強化拡充

緊急に臨時県議会開催 県政報告

コロナ対策の強化拡充

立憲民主党・民権クラブ 県議会議員 きしべ 都

4月30日号

意見広告・議会報告政治の村

  • 雇用維持と相談強化

    コロナ禍の「働く」を支える 県政報告

    雇用維持と相談強化

    立憲民主党・民権クラブ 県議会議員 きしべ 都

    6月25日号

あっとほーむデスク

  • あっとほーむデスク

    7月6日18:45更新

  • 7月5日12:00更新

  • 7月2日0:00更新

南区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

ケアと仕事 考える

ケアと仕事 考える

オンラインセミナー当事者の話聞く

7月15日~7月15日

南区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年7月6日号

お問い合わせ

外部リンク