南区版 掲載号:2020年7月30日号 エリアトップへ

南永田団地の活性に努め、地域交流イベントの企画、運営に携わる 渡邊 乃志男さん 永田みなみ台在住 79歳

掲載号:2020年7月30日号

  • LINE
  • hatena

「つながり」の発信者に

 ○…南永田団地のにぎわい作りに取り組むNPO法人「永田みなみ台ほっとサライ」の事務局長を務める。「郷土愛の育成」を合言葉に「サライ」は、団地中の商店街を開放し、子どもから高齢者までが交流を図る「つながり祭」を2カ月に1回開催。「コロナ禍でも地域を笑顔にできることを考え、団地を『つながりの拠点』にしたい」と意欲を見せる。

 ○…「富士山がきれいに見える絶景に惹かれた」と団地ができた1974年に川崎市から家族で移り住んだ。「富士山は見えなくなったが、都市開発されたまちと自然の調和、子育てをともにした団地仲間は今も健在」とにっこり。地元の山王台幼稚園、永田台小、永田中と進学した息子2人が帰郷する度に「『故郷のありがたみを感じる』と言ってくれるのが嬉しい。まちの子どもたちにも『ここで育って良かった』と思ってもらえるように、楽しい仕掛けをしていきたい」

 ○…高校卒業後から定年まで溶鉱炉を管理するエンジニアとして日夜働いた。50歳のころ、「仕事が忙しくて薄れていた地元とのつながりを取り戻したい」との思いで町内会活動を開始。団地を盛り上げるほか、南警察署防犯指導員連絡協議会の会長も務め、子どもたちの登下校を見守る。「住民や地域の想いがつまった温かい場所を守りたい」と思いを語る。

 ○…「このご時世、人前で披露する機会がないから」と趣味のギターはご無沙汰だが「その時間を企画の考案などに充てられる」と笑う。「新型コロナは怖いが、家から一歩も出ないで地域のつながりが薄れるのは寂しい。感染症対策を施し、今できることを最大限に打ち出していきたい」。長年築き上げてきた”つながり”をより強固なものにしていく。

福祉クラブ らら・むーぶ南

高齢者や障害があり、外出が困難な方へ、車で介助付きの外出支援をしています

http://www.fukushi-club.net/

<PR>

南区版の人物風土記最新6

小石 昌矢さん

「東京2020パラリンピック聖火リレー」を神奈川県代表として走った

小石 昌矢さん

横浜総合高校3年 17歳

9月16日号

大岩戸さん(本名:上林義之)

元力士で相撲を通じた健康づくりなどの社会貢献活動に取り組む

大岩戸さん(本名:上林義之)

井土ヶ谷下町在住 40歳

9月9日号

廣山 典子さん

南防犯協会の事務局長で、特殊詐欺などの犯罪防止に努める

廣山 典子さん

大岡勤務 54歳

9月2日号

中島 一雄さん

平戸桜木道路の花壇を整備し、5年前から一人で周辺のごみ拾いを続ける

中島 一雄さん

六ツ川在住 78歳

8月26日号

アグネス・チャンさん(本名:金子 陳美齢チャン メイリン)

歌手デビュー50周年を迎える

アグネス・チャンさん(本名:金子 陳美齢チャン メイリン)

 65歳

8月19日号

平工 希一さん

吉野町の活字鋳造所「築地活字」の社長で技術継承に向けた活動に取り組む

平工 希一さん

庚台在住 62歳

8月12日号

意見広告・議会報告政治の村

  • 小児医療費助成の淵源

    取り組み開始から約30年 ニッタオンライン市政報告58

    小児医療費助成の淵源

    横浜市会議員 仁田(にった)まさとし

    9月16日号

あっとほーむデスク

  • 9月16日17:57更新

  • 9月16日0:00更新

  • 9月15日7:45更新

南区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

韓国文学本のフェア

韓国文学本のフェア

南太田で16日まで

8月13日~9月16日

南区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年9月16日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook