南区版 掲載号:2020年9月17日号 エリアトップへ

永田台コミュニティハウスで活動するキッズダンスチームの代表を務める 土肥 志奈子さん 永田東在住 35歳

掲載号:2020年9月17日号

  • LINE
  • hatena

子どもの笑顔 原動力に

 ○…「かわいく元気に飛び回るウサギをイメージした」と話し、チーム名を「シャイニーラビッツ」と名付けた。8歳の長女と生まれたばかりの長男を育てる2児の母親でもある。「コロナ禍で何かと生活が制限される。チアダンスを通じ、子どもたちの可能性が広がる場所になれば」と親心を見せる。

 ○…長女が保育園児のころに区内のダンス教室に通わせていたが、レッスンが仕事の時間と重なる昼下がりに行われるため、「娘の頑張っている姿をしっかり見られなかった」と悔やんだ。「自分と同じような悩みを持つ保護者の役に立ちたい」という熱意の下、新しいチームを作ろうと決心した。自身はダンス未経験者のため、指導者探しに奔走。知人の協力もあり、多忙な中、約1年がかりで一からチームを立ち上げた。

 ○…2年前まで横須賀のショッピングモールに勤務。地元中学校の吹奏楽部を招待し、演奏会などを企画するイベント業務に携わった経験から、地域交流の大切さをよく知る。「どこのまちも地元の人の支えがあるから成り立つ。顔の見える関係づくりがいかに大切かを学んだ」と話す。転職後は大型商業施設にテナントを誘致する新規開拓事業に取り組む。「前例のないことへの挑戦は難しい反面、楽しさもある」と話し、キッズダンスチーム設立の原動力にも生かされているとも。

 ○…趣味はパン作り。仕事と子育てが忙しくて中々できないのが悩みだが、「色々落ち着いたらパン屋を出店したい」と夢が広がる。5年前に保育士の資格を取得。「子どもは感情をうまく表現できないことが多い。母親である前に子の声に耳を傾けられる大人でいたいから」。その言葉通り、縁の下から無邪気な笑顔を守っていく。

南区版の人物風土記最新6

荒木田 百合さん

6月から横浜市社会福祉協議会の会長を務める

荒木田 百合さん

中島町在住 60歳

11月26日号

前田 道亮さん

金融機関などで組織される「南区金融機関防犯連絡協議会」の会長を務める

前田 道亮さん

通町在勤 53歳

11月19日号

境 博一さん

別所コミュニティハウスの館長で、南が丘中学校の作品展示に協力した

境 博一さん

別所在勤 67歳

11月12日号

関口 敏朗さん

ミュージシャンで1972年に録音した音楽演奏のCDが10月に発表された

関口 敏朗さん

南太田在住 73歳

11月5日号

美松 寛大さん

弘明寺観音の副住職で、大岡地区センターで初開催された写経の講師を務めた

美松 寛大さん

弘明寺町勤務 29歳

10月29日号

中島 聡さん

清水ヶ丘教会の主任牧師で、被災地支援のチャリティーコンサートを開く

中島 聡さん

南太田在住 53歳

10月22日号

バラエティ企画に挑戦中!

馬車道発横浜アイドル「ポニカロード」のYouTubeチャンネル

https://www.youtube.com/channel/UCdkYHiFJx4AeV-c_CkBc9FA

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

  • 新型コロナに再度の警戒

    累計感染者が1万人超え 県政報告

    新型コロナに再度の警戒

    立憲民主党・民権クラブ 県議会議員 きしべ 都

    11月26日号

  • 認知症医療施設が拡充

    予防・早期発見へ ニッタオンライン市政報告53

    認知症医療施設が拡充

    横浜市会議員 仁田(にった)まさとし

    11月26日号

あっとほーむデスク

  • 11月26日0:00更新

  • あっとほーむデスク

    11月23日23:15更新

  • あっとほーむデスク

    11月19日16:45更新

南区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

お金・生活設計考える

シングル女性向け

お金・生活設計考える

フォーラム南太田が講座

12月10日~12月10日

南区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

南区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年11月26日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク