南区版 掲載号:2020年9月17日号 エリアトップへ

「新たな日常」へ予算措置 ニッタオンライン市政報告52 地域活動にICT導入を支援 横浜市会議員 仁田(にった)まさとし

掲載号:2020年9月17日号

  • LINE
  • hatena

 新型コロナウイルス感染症に対応する市の「くらし・経済対策」が中心となった総額約169億円の補正予算案が9月3日から市会で審議され、16日に可決されました。

 補正予算案には「新たな日常」に取り組む施策として、自治会町内会の新しい活動スタイルをICT(情報通信技術)を活用して応援する新規事業が盛り込まれました。

リモートを推進

 地域の絆を育み、地域で支え合う仕組みの最も重要な自治会町内会活動は、コロナ禍でさまざまな制約を受けています。一人ひとりに「新しい生活様式」が求められるように、自治会町内会活動も新しい活動のあり方が求められます。そこで、私はICTを活用したリモートやオンラインによる活動スタイルが必要と考え、その推進のための支援を事業化すべきと提案してきました。

 予算案に盛り込まれた事業は、市と民間事業者の協働で連合町内会に対して出張講座を行い、パソコンやスマートフォンを使ったビデオ会議など、ICTを活用した会議や情報伝達手段を体験してもらいながら、相談などを受けるものです。

 南区が独自に行う事業に充てられる「区づくり推進費」もコロナ禍で当初の計画通りに予算が執行できていないため、「柔軟に見直すべき」と区に要望してきました。その結果、地域活動団体がリモート会議などを行うために必要な機材の導入を支援するための予算としても活用する考えが示されました。これらの事業を通して、自治会町内会のICT活用が進むことを期待します。

医療・福祉従事者へ慰労金

 国が新型コロナウイルス感染のリスクに直面しながら、業務に当たられた医療や介護・障がい福祉サービスの従事者や職員の方へ慰労金を支給することになり、その申請受付が行われています。

 対象は患者やサービス利用者と接する業務に就き、神奈川県の場合1月15日〜6月30日に延べ10日以上勤務した方です。要件によって給付額は異なり、5万円から20万円まで支給されます。

 基本は各勤務先が県の窓口に申請します。すでに退職している人は元の勤務先を通じて申請できますが、難しい場合は個人で手続きします。

 公明党は政府への提言などを通じ、慰労給付金の実施をリード。特に、介護・障がい福祉サービス職員への支援を強く求め、実現しました。

 私は今後も自治会町内会の新しい活動様式の推進、医療・福祉従事者等の支援を進めます。

公明党横浜市会議員団 仁田 まさとし

横浜市南区六ツ川4-1129

TEL:045-822-3410

http://www.nitta-m.jp/

南区版の意見広告・議会報告最新6

国際化に対応した教育現場を

県立高校の多様化進む 県政報告

国際化に対応した教育現場を

立憲民主党・民権クラブ 県議会議員 きしべ 都

2月25日号

コロナ対策の支援強化へ

2度目の緊急事態宣言が発出中 県政報告

コロナ対策の支援強化へ

立憲民主党・民権クラブ 県議会議員 きしべ 都

1月28日号

IRカジノ賛否を問う住民投票実施できず

市政報告

IRカジノ賛否を問う住民投票実施できず

日本共産党横浜市会議員 あらき 由美子

1月14日号

新型コロナ感染拡大を防ぎ、国民の命と暮らしを守る

新春寄稿

新型コロナ感染拡大を防ぎ、国民の命と暮らしを守る

内閣総理大臣 菅 義偉

1月1日号

感染防止 「官・民」一体で

県政報告【13】

感染防止 「官・民」一体で

自民党 県議会議員 新堀 史明

1月1日号

新たな年に希望をもって

市政報告

新たな年に希望をもって

横浜市会議員 渋谷 たけし

1月1日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • あっとほーむデスク

    2月23日16:42更新

  • 2月16日15:03更新

  • あっとほーむデスク

    2月13日18:09更新

南区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年2月25日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク