南区版 掲載号:2020年10月29日号 エリアトップへ

弘明寺観音の副住職で、大岡地区センターで初開催された写経の講師を務めた 美松 寛大さん 弘明寺町勤務 29歳

掲載号:2020年10月29日号

  • LINE
  • hatena

「安心」与える存在に

 ○…「参拝者や地元の皆さんから『弘明寺観音に来ると心が清まる』と言ってもらえると嬉しい」と穏やかな表情で話す。まちを歩いていると地域の人々が気さくに話しかけてくれるという。「地域の皆さんには幼いころから良くしてもらっている。人情深い弘明寺にふさわしい、アットホームなお寺でありたい」と力を込める。

 ○…曾祖父の代から一族が住職を務める。「元々お寺を継ぐつもりはなかった」と話すように小中高は野球に熱中し、進学した駒澤大学では仏教ではなくキリスト教について学んだ。「古代ギリシアの彫像に見られるアルカイク・スマイルなどは日本の仏像の表情にも通ずるところがある」と話し、宗教の奥深さを感じるという。「大学生のころまでは僧侶になるつもりがなかったけど、思い返せば、どの道そういう運命だったのかな」とお茶目に笑う。

 ○…卒業後は高野山での修行に臨んだ。修行は過酷なもので体重は1年間で約15kgも減ったという。「携帯電話を使えない、お肉を食べられないなど、今までの生活では考えられないことばかりの連続だった。いかに自分が煩悩の塊なのかを思い知った」と振り返る。修行を終えるころには「仏教で周囲を元気付けたい」という強い気持ちが芽生えたとも。

 ○…弟は保土ケ谷区の福生寺で副住職を務めており「お互い良い刺激になる」と微笑む。「弟はライバルだが『お寺を馴染みのある場所にしたい』という思いは一緒。協力して地域を盛り上げたい」と語る。昨今、相次ぐ芸能人の自殺に「自分と同世代の人も亡くなって悲しい」と話し、心を痛めている。「コロナ禍だからこそ、人々に安心(あんじん)を与えたい」。横浜最古の寺院から地域に安らぎをもたらす。

南区版の人物風土記最新6

平田 由衣花さん

3児の母で、幼児の人間形成を目的とする「くるみキッズ空手教室」を主宰する

平田 由衣花さん

中里在住 31歳

10月21日号

田中 拓海さん

小学生バレーボールチーム「横浜優和クラブジュニア」出身の初のVリーガー

田中 拓海さん

六ツ川在住 24歳

10月14日号

竹花 康太郎さん

10月9日から福島県で行われる「第55回全日本サーフィン選手権大会」に出場する

竹花 康太郎さん

永田東在住 35歳

10月7日号

北村 正(まさし)さん

9月16日付で南警察署の第81代署長に就任した

北村 正(まさし)さん

大岡在住 59歳

9月30日号

吉田 直人さん

横浜市歯科医師会の会長を務め、地域の歯科医療を支える

吉田 直人さん

六ツ川勤務 62歳

9月23日号

小石 昌矢さん

「東京2020パラリンピック聖火リレー」を神奈川県代表として走った

小石 昌矢さん

横浜総合高校3年 17歳

9月16日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • あっとほーむデスク

    10月22日17:24更新

  • 10月14日0:00更新

  • あっとほーむデスク

    10月4日19:00更新

南区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

南区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook