南区版 掲載号:2020年11月19日号 エリアトップへ

ビアバイクで醸造所回る 馬車道周辺で実証実験

経済

掲載号:2020年11月19日号

  • LINE
  • hatena
ベイバイクを漕いで醸造所を回った参加者
ベイバイクを漕いで醸造所を回った参加者

 自転車のようにペダルを漕いで移動しながらビールを楽しむ「ビアバイク」を使った「ビアバイクツーリズム」の実証実験が10月31日から11月8日まで馬車道周辺などで行われた。

 公共空間を使ったにぎわい創出を目指す団体「Fun!PublicSpace!Yokohama」が企画したもの。ビアバイクは、オランダ発祥の自転車とビールを融合させた移動式ビアカウンター。2018年9月には日本大通り、19年3月には伊勢佐木モールや元町で走行実験が行われている。軽車両の扱いで警察の許可がなくても公道を走ることができる。

非日常の体験を

 ビアバイクによる非日常的な体験ができるツアーを実施しようと、主催者側はクラウドファンディングで運営資金を募った。その結果、約70万円が集まり、実験を行うことになった。ルートは馬車道や周辺にある3つのクラフトビール醸造所を巡るもの。ビアバイクは6人乗りで、醸造所のブルワー(担当者)からビール造りの話を聞きながら、ビールを味わっていく約2時間のコースとした。

3カ所で飲み比べ

 実験初日となった10月31日は、まず「横浜ビール」でビール造りの話を聞き、同所のクラフトビールを味わった後、ビアバイクに乗車。「アパホテル&リゾート」内にある「REVO BREWING(レボ・ブルーイング)」を目指してビアバイクを漕いだ。そこでも話を聞きながら3種類のクラフトビールを味わい、最後は「横浜ハンマーヘッド」にある「QUAYS pacific grill」の「NUMBER NINE BREWERY」へ進み、醸造現場の話を聞きながらビールを味わった。

 ビアバイク内はキーボード演奏があり、ガイド役のブルワーが参加者を鼓舞しながら走り続けた。ちょっとした運動をしながらのビールとあって、参加者は「いつもより酔いが早く回る」と話していた。この日はこのルートを2往復した。

 企画を中心になって進めた横浜ビールの横内勇人さんは「課題を整理し、横浜の街をビアバイクが走ることが日常となるよう、取り組みを進めたい」としていた。

市民利用施設職員・スタッフ募集

みなみ区民利用施設協会運営の地区センターやコミュニティハウスで働きましょう

http://minami-rsk.sakura.ne.jp/

<PR>

南区版のローカルニュース最新6

擁護委員、小中学生への啓発強める

【Web限定記事】人権週間

擁護委員、小中学生への啓発強める 社会

市内で7千人に教室

12月3日号

「横浜を書き続ける」

「横浜を書き続ける」 文化

小説家・山崎洋子さん講演

12月3日号

「日本語・文化知って」

「日本語・文化知って」 文化

蒔田町粟津さん外国籍親子に講座

12月3日号

現場で情報募る

現場で情報募る 社会

吉野町の事故で安協

12月3日号

「異世代交流の場に」

「異世代交流の場に」 文化

12日、南永田団地で祭り

12月3日号

Y校卒郡司選手競輪G1で初V

Y校卒郡司選手競輪G1で初V スポーツ

年末大レースへ

12月3日号

意見広告・議会報告政治の村

  • 新型コロナに再度の警戒

    累計感染者が1万人超え 県政報告

    新型コロナに再度の警戒

    立憲民主党・民権クラブ 県議会議員 きしべ 都

    11月26日号

  • 認知症医療施設が拡充

    予防・早期発見へ ニッタオンライン市政報告53

    認知症医療施設が拡充

    横浜市会議員 仁田(にった)まさとし

    11月26日号

あっとほーむデスク

  • 11月26日0:00更新

  • あっとほーむデスク

    11月23日23:15更新

  • あっとほーむデスク

    11月19日16:45更新

南区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「異世代交流の場に」

「異世代交流の場に」

12日、南永田団地で祭り

12月12日~12月12日

南区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

南区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年12月3日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク