南区版 掲載号:2020年11月19日号 エリアトップへ

ビアバイクで醸造所回る 馬車道周辺で実証実験

経済

掲載号:2020年11月19日号

  • LINE
  • hatena
ベイバイクを漕いで醸造所を回った参加者
ベイバイクを漕いで醸造所を回った参加者

 自転車のようにペダルを漕いで移動しながらビールを楽しむ「ビアバイク」を使った「ビアバイクツーリズム」の実証実験が10月31日から11月8日まで馬車道周辺などで行われた。

 公共空間を使ったにぎわい創出を目指す団体「Fun!PublicSpace!Yokohama」が企画したもの。ビアバイクは、オランダ発祥の自転車とビールを融合させた移動式ビアカウンター。2018年9月には日本大通り、19年3月には伊勢佐木モールや元町で走行実験が行われている。軽車両の扱いで警察の許可がなくても公道を走ることができる。

非日常の体験を

 ビアバイクによる非日常的な体験ができるツアーを実施しようと、主催者側はクラウドファンディングで運営資金を募った。その結果、約70万円が集まり、実験を行うことになった。ルートは馬車道や周辺にある3つのクラフトビール醸造所を巡るもの。ビアバイクは6人乗りで、醸造所のブルワー(担当者)からビール造りの話を聞きながら、ビールを味わっていく約2時間のコースとした。

3カ所で飲み比べ

 実験初日となった10月31日は、まず「横浜ビール」でビール造りの話を聞き、同所のクラフトビールを味わった後、ビアバイクに乗車。「アパホテル&リゾート」内にある「REVO BREWING(レボ・ブルーイング)」を目指してビアバイクを漕いだ。そこでも話を聞きながら3種類のクラフトビールを味わい、最後は「横浜ハンマーヘッド」にある「QUAYS pacific grill」の「NUMBER NINE BREWERY」へ進み、醸造現場の話を聞きながらビールを味わった。

 ビアバイク内はキーボード演奏があり、ガイド役のブルワーが参加者を鼓舞しながら走り続けた。ちょっとした運動をしながらのビールとあって、参加者は「いつもより酔いが早く回る」と話していた。この日はこのルートを2往復した。

 企画を中心になって進めた横浜ビールの横内勇人さんは「課題を整理し、横浜の街をビアバイクが走ることが日常となるよう、取り組みを進めたい」としていた。

公明党横浜市議団

女性の生きづらさ解消へ支援 「生理の貧困」受け、市内で無料配布

http://www.nitta-m.jp/

<PR>

南区版のローカルニュース最新6

意見広告・議会報告政治の村

  • 協力金の再申請 7月から

    飲食店以外にも支援を拡大 県政報告

    協力金の再申請 7月から

    立憲民主党・民権クラブ 県議会議員 きしべ 都

    6月24日号

  • 脱炭素推進へ条例成立

    議員提案、全会一致で可決 ニッタオンライン市政報告57

    脱炭素推進へ条例成立

    横浜市会議員 仁田(にった)まさとし

    6月17日号

あっとほーむデスク

  • あっとほーむデスク

    6月19日23:09更新

  • あっとほーむデスク

    6月19日16:18更新

  • あっとほーむデスク

    6月16日21:51更新

南区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年6月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter