南区版 掲載号:2020年11月26日号 エリアトップへ

コロナで変わる地域活動<10> 社員・家族にPCR検査 井土ケ谷下町向洋電機土木倉澤社長に聞く

社会

掲載号:2020年11月26日号

  • LINE
  • hatena
倉澤俊郎社長
倉澤俊郎社長

 新型コロナウイルスは企業で働く従業員の働き方や仕事に対する考え方も大きく変えた。

 井土ケ谷下町の電気設備工事業、向洋電機土木株式会社は、社員やその家族に安全・安心の環境で働いてもらおうと、新型コロナウイルスの抗体検査や唾液によるPCR検査を行うなどしている。倉澤俊郎社長にそのねらいなどを聞いた。

予防策の効果確認

 ――新型コロナウイルスの感染歴を調べるための抗体検査やソフトバングループが始めた唾液によるPCR検査をすぐに取り入れたねらいは。

 「自粛生活が続いた後は、それぞれの感染予防策が適切だったのかを知る一つの手掛かり、区切りにしたかった。国の検査数がなかなか増えない中、自分たちで何かができればと考えて検査するようにした」

 ――社員の反応は。

 「検査は社員や同居する家族も対象にしているので、『安心できる』という声が多い。11月14日には会社として初めてインフルエンザ予防接種を実施したが、ほとんどの社員が家族と一緒に接種していた。私自身、長崎の介護施設にいる母親に会うために現地へ行こうとしたが、施設や周囲の目が厳しいと感じた。PCR検査で陰性だったことを伝えられると反応も変わってくる」

 ――検査を増やせば、陽性者が出る可能性も高くなってくる。その場合はどう対応するのか。

 「当然、保健所の指示に従うのが大前提。社員が感染したことを公表し、業務は代わりの者が担当する。コロナ禍以前からテレワークを進めてきたので、仮にそうなったとしてもスムーズに対応できる」

 ――コロナ対応以外に社員の健康維持に関して取り組んでいることは。

 「以前から社員に人間ドッグの受診を推奨している。35歳以上の社員が受診する場合は費用を会社が全額、35歳以下は半額負担するようにしている。これも業務の一環と考えている」

健康でやる気に

 ――それだけ社員の健康を大切にするのは。

 「こうしたことが社員の働き甲斐、やる気につながると思う。検査をしたから売り上げが上がるとか、費用対効果で考えてはいけない」

 ――今後、考えている取り組みは。

 「唾液によるPCR検査は年内に2、3回目を行いたい。『会社としてPCR検査を実施したいが、どうしたらいいか分からない』という企業があれば、一緒に協力して行えるようにすることも考えたい」

南区版のローカルニュース最新6

磯子区・岡村中学校出身の「ゆず」が横浜市成人式で新成人にビデオメッセージ

【Web限定記事】

磯子区・岡村中学校出身の「ゆず」が横浜市成人式で新成人にビデオメッセージ 社会

宝塚・舞空瞳さん、ベイスターズ・今永昇太投手も

1月14日号

「電波少年」で活躍「松本ハウス」の横浜市南区での講演会が緊急事態宣言で中止に

歯牙鑑定で身元特定

歯牙鑑定で身元特定 社会

南署、鶴大准教授に感謝状

1月14日号

ベイJr.で躍動

少年野球加藤君

ベイJr.で躍動 スポーツ

悔しい敗戦 今後の糧に

1月14日号

IR住民投票案を否決

横浜市会

IR住民投票案を否決 政治

自民・公明が反対

1月14日号

南区 犯罪発生状況

【Web限定記事】

南区 犯罪発生状況 社会

1月14日号

横浜市南区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://ceremonyhouse.jp

グローバル行政書士ネットワーク

遺言・相続の無料オンライン相談会を開催中!ぜひご相談を

https://ggn2019.com

行政書士浅川事務所

遺言・相続の無料オンライン相談会を開催中!ぜひご相談を

https://ggn2019.com

南消防団

仲間を募集しています。あなたの力を地域防災リーダーとして生かしてみませんか

http://www.city.yokohama.lg.jp/shobo/shouboudan/05-22.html

一般社団法人 勁草塾

講演会の開催などを通し、真の共生社会実現を目指します

https://keisoujuku.jp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • あっとほーむデスク

    1月15日16:24更新

  • あっとほーむデスク

    1月8日17:09更新

  • 1月5日19:26更新

南区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク