南区版 掲載号:2021年2月25日号 エリアトップへ

【Web限定記事】 市営地下鉄弘明寺駅に特殊詐欺への注意を呼び掛けるポスター 横浜総合高校の生徒が制作

社会

掲載号:2021年2月25日号

  • LINE
  • hatena
SNSを使った手口を紹介したポスター
SNSを使った手口を紹介したポスター

 市立横浜総合高校(小市聡校長)の3年生が南区内で多発する特殊詐欺を撲滅しようと、注意を呼び掛けたポスターを制作した。市営地下鉄弘明寺駅の2番線ホームに2月28日まで掲示される。

 南警察署によると、昨年、南区で発生した特殊詐欺の被害額は約1億1千万円。中には1件あたりの被害額が1千万円を超えるものも報告され、依然として警戒が必要となっている。昨秋、南区役所などの行政機関はこうした状況を改善しようと、総合学習の時間で地域課題の解決に取り組む同校に相談し、3年生が協力することとなった。生徒たちは密集、密接、密閉の3密状況を作り出さずに、より多くの人の目に留まるポスターでの啓発を決めた。

 制作は複数のグループに分かれて実施。警察などに電話取材を行い、特殊詐欺の手口や予防対策を聞いた上で取り掛かった。そこでSNSを使った詐欺に10代、20代も被害に遭っていることを知り、LINEで騙す手口に注意するように呼び掛けた内容など、若者へのメッセージ性が強いポスターに仕上げた。1月下旬には完成した作品を披露する発表会を校内で開き、松山弘子区長もビデオ会議で参加し、若者ならではの視点に拍手を送った。

 発表会で大賞と準大賞に選ばれたポスターを市営地下鉄弘明寺駅に2月8日から掲示。同駅構内で2月15日に行われた「特殊詐欺・契約トラブル啓発キャンペーン」では、区の職員らが「あの手この手の悪徳商法にご注意」と書かれた除菌シートを配りながら、生徒が作ったポスターを見るように利用者に呼び掛けた。この日、3年生を代表してキャンペーンに参加した木下雅之さんは「特殊詐欺の中にはSNSやインターネットを使った手口もあり、自分たち若者も他人事ではないと思った。一人でも多くの人の目に留まり、南区の特殊詐欺被害が減ることを願いたい」と話した。

 

2月15日に行われた啓発キャンペーン
2月15日に行われた啓発キャンペーン

南区版のローカルニュース最新6

自宅で認知症予防講座

別所中里台中村さん

自宅で認知症予防講座 社会

コロナ禍で知恵絞る

4月22日号

保土ケ谷公会堂で大会

全日本プロレス

保土ケ谷公会堂で大会 スポーツ

28日、注目リーグ戦も

4月22日号

科学の楽しさ 子どもに

科学の楽しさ 子どもに 社会

NPOがスタッフ募集

4月22日号

電子決済で商店街支援

電子決済で商店街支援 経済

みずほ銀行、市と協定

4月22日号

アフリカの現代アート

アフリカの現代アート 文化

日本大通りで原画展

4月22日号

異文化交流の支援を

異文化交流の支援を 経済

市が補助金公募開始

4月22日号

<PR>

あっとほーむデスク

  • 4月22日0:00更新

  • 4月15日0:00更新

  • あっとほーむデスク

    4月14日20:48更新

南区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

保土ケ谷公会堂で大会

全日本プロレス

保土ケ谷公会堂で大会

28日、注目リーグ戦も

4月28日~4月28日

南区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

南区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年4月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter