南区版 掲載号:2021年4月15日号 エリアトップへ

4月から南消防署長に就任した 今山 徹さん 浦舟町勤務 58歳

掲載号:2021年4月15日号

  • LINE
  • hatena

強く明るい組織を作る

 ○…初の署長職で南区での勤務も初めて。「厳しさはありつつも、明るく、楽しく」とトップとして親しみやすい職場、組織づくりを意識する。3月までは神奈川区にある市民防災センターで所長を務め、体験型施設として市民の防災意識向上に取り組んできた。「皆さんがセンターで学んだことを地域のリーダーとして広めていただければ」と願う。今後はセンターの活用はもちろん、「子どもと保護者への防災教育にも力を入れたい」と意気込む。

 ○…神奈川区で生まれ育つ。警察官の父は事件があれば、夜中に家を飛び出し、数日帰ってこないことも珍しくなかった。「警察官は自分には向いていない」と大卒後、不動産関係企業に就職し、駅前開発などを担当したが「先の見えない仕事で、やりがいを感じづらかった」。企業内の自衛消防隊での活動から消防の仕事に関心を持ち、会社を3年で退職。生まれ育った横浜で消防職員になった。

 ○…市内の各消防署はもちろん、消防局でもあらゆる部署で経験を積んだ。どの場でも「上司や同僚に教えてもらったり、助けてもらうことばかりだった」という。自身が病気で半年間職場を不在にした際も、同僚がその穴を埋めてくれた。「ひとたび何かあれば団結する」--アットホームながらも、いざという時に力を発揮する組織の強さを感じた。

 ○…長く続ける趣味は船釣り。釣った魚を自分でさばくほど。あいさつなどで南区内を回った際も「釣具店やえさ店が目に入ってしまう」という。24時間365日、緊張を強いられる。「次に釣りに行けるのはいつかな」と笑うが、職は違えど、父と同じく、市民の安全・安心を守る立場に。人を大切に、強く明るい組織を作っていく。

横浜市南区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://ceremonyhouse.jp

<PR>

南区版の人物風土記最新6

高橋 充さん

自身4回目の水彩画の個展を桜木町で開いている

高橋 充さん

南太田在住 73歳

5月13日号

佐藤 由美さん

自宅で簡単に作れる「おうちパン」の普及に取り組む

佐藤 由美さん

共進町在住 37歳

5月7日号

村上 絵里佳さん

親子で楽しめるマルシェを企画し、地域の活性化に取り組む

村上 絵里佳さん

別所在住 33歳

4月29日号

中村 康伸さん

写真家で香港の民主活動家などを撮影した作品展を開いている

中村 康伸さん

伏見町在住 51歳

4月22日号

今山 徹さん

4月から南消防署長に就任した

今山 徹さん

浦舟町勤務 58歳

4月15日号

志村 直樹さん

南太田でレンタルシェアキッチンを運営し、飲食店のマルシェを支援する

志村 直樹さん

南太田出身 40歳

4月8日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • あっとほーむデスク

    5月17日13:57更新

  • 5月13日0:00更新

  • あっとほーむデスク

    5月12日20:09更新

南区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

介護予防の支援者募る

介護予防の支援者募る

区が養成講習会

6月28日~7月21日

南区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

南区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年5月17日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter