南区版 掲載号:2021年4月29日号 エリアトップへ

親子で楽しめるマルシェを企画し、地域の活性化に取り組む 村上 絵里佳さん 別所在住 33歳

掲載号:2021年4月29日号

  • LINE
  • hatena

多方面から楽しさを

 ○…巣ごもりが中心となる大型連休に少しでも交流の機会を作ろうと、実家の一室で運営するレンタルスペースでマルシェをこどもの日に開催する。2歳の息子を育てる母親として、コロナ下での実施に迷いもあったが「親子の思い出づくりの一助になれば」との気持ちが後押しした。「感染リスクを抑えるため、小規模でも楽しめるイベントを考えた。いろいろな角度から楽しんでほしい」と意気込みを語り、手作りのマルシェスタンドの前で笑顔を見せる。

 ○…六ツ川出身。幼稚園から高校まで横浜英和で学んだ。短大でコミュニケーション文化学を専攻した後、電機メーカーに就職。11年間、スマートフォンの開発事業などに携わった。畑違いの部署に配属された中で意識したのが「おもてなしの心」。同僚を「お客様」として気遣い、先々の動きを読む丁寧な仕事ぶりで周囲から信頼を得た。ゼロからの仕事でも前向きに取り組む習慣が身についたことでチャレンジ精神が養われたという。

 ○…出産をきっかけに一変した生活環境などに戸惑う時期もあった。そんなネガティブな感情を変えてくれたのが地域活動を考える区民企画講座で出会った人々。「子育ての悩みなどを本音で話せる仲間ができたし、自分らしく行動するエネルギーがもらえた」と刺激を受け、マルシェを開く原動力になった。

 ○…柔軟な思考の原点は短大の授業で体験したゲーム。複数人がそれぞれ違うルールが書かれた紙を引いて実行するため、矛盾が起こり、思わず言い争いが始まるというものだ。「物事を多面的に見る力がついた」と話し、固定観念にとらわれない生き方に活かされている。「誰もが楽しめるにぎわいの場を作りたい」。新たな出会いが六ツ川から生まれる。

南区版の人物風土記最新6

田中 拓海さん

小学生バレーボールチーム「横浜優和クラブジュニア」出身の初のVリーガー

田中 拓海さん

六ツ川在住 24歳

10月14日号

竹花 康太郎さん

10月9日から福島県で行われる「第55回全日本サーフィン選手権大会」に出場する

竹花 康太郎さん

永田東在住 35歳

10月7日号

北村 正(まさし)さん

9月16日付で南警察署の第81代署長に就任した

北村 正(まさし)さん

大岡在住 59歳

9月30日号

吉田 直人さん

横浜市歯科医師会の会長を務め、地域の歯科医療を支える

吉田 直人さん

六ツ川勤務 62歳

9月23日号

小石 昌矢さん

「東京2020パラリンピック聖火リレー」を神奈川県代表として走った

小石 昌矢さん

横浜総合高校3年 17歳

9月16日号

大岩戸さん(本名:上林義之)

元力士で相撲を通じた健康づくりなどの社会貢献活動に取り組む

大岩戸さん(本名:上林義之)

井土ヶ谷下町在住 40歳

9月9日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月14日0:00更新

  • あっとほーむデスク

    10月4日19:00更新

  • あっとほーむデスク

    9月30日21:33更新

南区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

ギターで話題曲挑戦

吉野町市民プラザ

ギターで話題曲挑戦

 講座受講者を募集

10月31日~11月23日

南区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

南区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook