南区版 掲載号:2021年5月7日号 エリアトップへ

自宅で簡単に作れる「おうちパン」の普及に取り組む 佐藤 由美さん 共進町在住 37歳

掲載号:2021年5月7日号

  • LINE
  • hatena

親子の絆紡ぐ技術伝える

 ○…「忙しい子育て世代でも気軽にパン作りを」などをコンセプトにした「おうちパン」。その魅力を地域に広めようと、自宅や施設でパン教室を開いている。3人の子を育てる母親。「おうち時間が増えるご時世なので、親子で楽しみながらパン作りに挑戦してほしい」と笑顔を見せる。

 ○…共進町出身。「子どものころから食べることが好きだった」と話し、大学時代はパン店でアルバイト。卒業後は食品メーカーに就職した。結婚後にパン作りを始めたが、20代後半から長男の子育てが始まり、趣味の時間がなくなった。そんな中で偶然、本で知ったのが最小限の工程で作れる「おうちパン」。「忙しいママも毎日焼けるパン」とのフレーズが背中を押した。そのノウハウを地域に発信しようと、3年半前に認定資格「おうちパンマスター」を取得した。「また好きなことに打ち込めるという希望を持つことができた」と振り返る。

 ○…資格取得後は自宅で「しあわせ運ぶパン教室 toitoitoi(トイトイトイ)」を開業。トイトイトイはドイツ語で「うまくいくよ」などの意味で、前向きな思いが込められている。子育て支援施設「さくらザウルス」など、地域の施設でもおうちパンを普及。3月からは大岡地区センターで定期講座を任され、活動の場が広がる。「地元の役に立てなかったので、これを機に恩返ししたい」

 ○…コロナ禍のため自宅でのレッスンを縮小し、オンラインで開催する。滋賀県からの受講者もいるなど、パンを通じた交流の輪が広がる。今後の目標は出産を控えた人を対象とする講座の企画。「パンで作る離乳食レシピを紹介し、産まれてくる子どもに『母親の味』を覚えてもらえれば」と語る。パン生地とともに夢が膨らむ。

南区版の人物風土記最新6

里見 美紀子さん

みなみ俳句会の代表で、コロナ禍に対応した「通信句会」を行う

里見 美紀子さん

井土ヶ谷中町在住 71歳

6月10日号

島田 秀世さん

5月から南火災予防協会の会長に就任した

島田 秀世さん

蒔田町在住 68歳

6月3日号

小野 健治さん

南防犯指導員連絡協議会の会長で、地域の見守り活動などを行う

小野 健治さん

山王町在住 77歳

5月27日号

栗山 文男さん

「フォトサロン97」の代表で吉野町市民プラザで写真展を開催する

栗山 文男さん

六ツ川在住 72歳

5月20日号

高橋 充さん

自身4回目の水彩画の個展を桜木町で開いている

高橋 充さん

南太田在住 73歳

5月13日号

佐藤 由美さん

自宅で簡単に作れる「おうちパン」の普及に取り組む

佐藤 由美さん

共進町在住 37歳

5月7日号

あっとほーむデスク

  • あっとほーむデスク

    6月11日18:09更新

  • 6月8日11:18更新

  • あっとほーむデスク

    6月4日16:39更新

南区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

カタツムリ作りを体験

カタツムリ作りを体験

大岡地区センター色紙で自由に

6月3日~6月30日

南区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 雨の季節

    〈連載〉さすらいヨコハマ48

    雨の季節

    大衆文化評論家 指田 文夫

    6月10日号

  • 南の風にのって

    松山区長の

    南の風にのって

    令和3年度の南区運営方針を策定しました

    6月3日号

南区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年6月11日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter