南区版 掲載号:2021年5月13日号 エリアトップへ

原画展でアフリカ知る 南区出身者の企業主催

文化

掲載号:2021年5月13日号

  • LINE
  • hatena
ダイナミックな作風が来場者を魅了した
ダイナミックな作風が来場者を魅了した

 南区出身の島岡強さんが会長を務める輸入卸販売会社「バラカ」=本社・大阪府=による東アフリカのタンザニア発祥の現代アート「ティンガティンガ」の原画展が中区の「ギャルリーパリ」で4月29日から5月9日まで行われた。感染症対策を講じた上で開催され、アフリカの文化に触れようと市内各地から人が訪れた。

 タンザニアで1960年代に誕生したティンガティンガは、建築用のペンキ6色で動物や自然風景、人々の暮らしを表現し、ダイナミックな作風が特徴。現在は約100人のアーティストが活動し、それぞれの個性を尊重している。

 原画展では、タンザニアの大自然と横浜のまちを調和させた作品を中心に展示。今回が12回目の開催ということもあり、干支の12支の動物を盛り込んだ絵も見られた。

 アフリカ関連の書籍やファッション雑貨、アクセサリーが販売され、屋外ではタンザニアで修業した日本人作家の中島文子さんがライブペイントを披露し、家族連れなどでにぎわった。

イメージ向上へ

 「バラカ」会長の島岡強さんは南区出身で大岡小、南中卒。妻の由美子さんとともに1987年からタンザニアのザンジバル島に居住し、漁業や運送業などで現地の人々の雇用機会を増やしたり、スポーツやアートを通じた文化交流の促進などに携わっている。

 4月28日には金沢区の六浦南小学校を訪れ、アフリカに関する絵本とティンガティンガを寄贈。児童にティンガティンガの描き方を教えるなど、交流を深めた。

 島岡さんは「一般的にアフリカというと貧困などのネガティブなイメージを持つ人が多いと思う。未来を切り開く子どもたちがアフリカに好印象を持てる取り組みを継続したい」と話した。
 

南区版のローカルニュース最新6

横浜市南区の陽性者は1週間で47人

【Web限定記事】新型コロナウイルス

横浜市南区の陽性者は1週間で47人 社会

6月17日号

井土ヶ谷交差点そば「ちば天」の天丼はエビがプリプリ

【Web限定記事】

井土ヶ谷交差点そば「ちば天」の天丼はエビがプリプリ 経済

シリーズ「テイクアウトみなみ」

6月17日号

ワクチン接種券 64歳以下の発送予定を公表

【Web限定記事】新型コロナウイルス

ワクチン接種券 64歳以下の発送予定を公表 社会

市が6月23日から6段階で順次

6月17日号

南永田団地の恒例行事「つながり祭」がコロナ前のにぎわいを見せ、異国交流で笑顔も

消防団協力事業所に

消防団協力事業所に 社会

井土ケ谷 向洋電機土木

6月17日号

南区 犯罪発生状況

【Web限定記事】

南区 犯罪発生状況 社会

6月17日号

意見広告・議会報告政治の村

  • 脱炭素推進へ条例成立

    議員提案、全会一致で可決 ニッタオンライン市政報告57

    脱炭素推進へ条例成立

    横浜市会議員 仁田(にった)まさとし

    6月17日号

あっとほーむデスク

  • あっとほーむデスク

    6月19日23:09更新

  • あっとほーむデスク

    6月19日16:18更新

  • あっとほーむデスク

    6月16日21:51更新

南区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

自筆遺言 書き方学ぶ

自筆遺言 書き方学ぶ

区講座の参加者募集

7月6日~7月6日

南区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 雨の季節

    〈連載〉さすらいヨコハマ48

    雨の季節

    大衆文化評論家 指田 文夫

    6月10日号

南区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年6月19日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter