南区版 掲載号:2021年6月24日号 エリアトップへ

井土ヶ谷上町で30年間にわたって清掃活動に取り組んでいる 徳野 功さん 井土ヶ谷上町在住 79歳

掲載号:2021年6月24日号

  • LINE
  • hatena

積み重ねが一番の近道

 ○…毎朝、コツコツと地域のごみを拾い続けて30年。井土ヶ谷上町公園のごみ集積所(平戸桜木道路側)の管理に徹してきた。その地道な努力が実を結び、3月、分別や清掃が徹底された集積場所を表彰する「優良集積場所」に認定された。

 ○…山梨県出身。中学卒業後は就職のため、戸塚区で姉と二人暮らしを始めた。日中は機械関連の会社で働き、夜は高校で勉学に励んだ。会社では部員不足に陥ったバドミントン部とボウリング部の部長を経験。誠実で真面目な性格が人を惹きつけ、社内大会を開催する規模に成長させた。「何かを成し遂げた時に得られる『達成感』を大切にするきっかけになった」と振り返る。小学生の孫がバドミントンを始め「つい指導に熱が入ってしまう」と笑う。

 ○…井土ヶ谷に移り住んで20年が経った50歳のころ、仕事が一段落し心に余裕が生まれたため、井土ヶ谷上町第一町内会に入った。まちへの愛着が深まる中、ポイ捨てされた多くのごみが目に留まり「何とかしたい」という気持ちが芽生えた。それからは毎日午前3時に起床し、自宅周辺を黙々と掃除している。多い時は2時間で45リットルのごみ袋5袋分を集める。「ごみ拾いだけで約6千歩の運動になる。まちはきれいに、自分は健康体になるので一石二鳥だね」と微笑む。集積所には分別しないで出されているごみが多く、その対応にひた走る。

 ○…町内会では会社員時代に培ったコミュニケーション能力を発揮し、高齢者の悩み相談に乗る。「一日一日を大切に生きる」がモットー。「一度に大きなことを成し遂げようとするとプレッシャーになって結果が出ない。地味だけど、小さなことの積み重ねが一番の近道」と語る目からは強い意志を感じた。

福祉クラブ らら・むーぶ南

高齢者や障害があり、外出が困難な方へ、車で介助付きの外出支援をしています

http://www.fukushi-club.net/

<PR>

南区版の人物風土記最新6

小石 昌矢さん

「東京2020パラリンピック聖火リレー」を神奈川県代表として走った

小石 昌矢さん

横浜総合高校3年 17歳

9月16日号

大岩戸さん(本名:上林義之)

元力士で相撲を通じた健康づくりなどの社会貢献活動に取り組む

大岩戸さん(本名:上林義之)

井土ヶ谷下町在住 40歳

9月9日号

廣山 典子さん

南防犯協会の事務局長で、特殊詐欺などの犯罪防止に努める

廣山 典子さん

大岡勤務 54歳

9月2日号

中島 一雄さん

平戸桜木道路の花壇を整備し、5年前から一人で周辺のごみ拾いを続ける

中島 一雄さん

六ツ川在住 78歳

8月26日号

アグネス・チャンさん(本名:金子 陳美齢チャン メイリン)

歌手デビュー50周年を迎える

アグネス・チャンさん(本名:金子 陳美齢チャン メイリン)

 65歳

8月19日号

平工 希一さん

吉野町の活字鋳造所「築地活字」の社長で技術継承に向けた活動に取り組む

平工 希一さん

庚台在住 62歳

8月12日号

意見広告・議会報告政治の村

  • 小児医療費助成の淵源

    取り組み開始から約30年 ニッタオンライン市政報告58

    小児医療費助成の淵源

    横浜市会議員 仁田(にった)まさとし

    9月16日号

あっとほーむデスク

  • 9月16日17:57更新

  • 9月16日0:00更新

  • 9月15日7:45更新

南区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

活動のチラシ作り方を学ぶ

活動のチラシ作り方を学ぶ

ラウンジが講座

10月5日~10月12日

南区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年9月16日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook